スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | コメント(-) | 編集

B-PUMP荻窪店、悪材料と好材料

2009/03/29(日) 17:53

な、なんて意識が高いんだ……。

BE-PAL 4月号

自立して靴下が履けない今日この頃。床にすわっても靴下を履くのにひと苦労。顔を両手で洗うには、腰をある角度までもっていき、気合でロックオフすると、5秒くらいはもつのであった。

前腕のほうは調子がよかったようで2階Big-West真ん中の水色■、左側の水色×、Pool-Streamの黄色■を登れた。


K林さんとバッタリ。ムズいの登っちゃうよ宣言していた。

スポンサーサイト

B-PUMP荻窪店、無念、スメアスタートか

2009/03/25(水) 22:07
「軽く登った翌日はけっこう調子いい」の法則を確かめに行く。どっかぶり左カンテをからむ水色↑を完登。他の課題をやりながら、ふとスタート付近を見て気づいた。足スメアスタートではないか。他の水色テープ課題のフットホールドを使ってしまった。あまり変わらないとは思うけれど。相変わらず、茶色まで1撃、緑を1撃か2撃、水色に手こずる日。色のレベルを1つ上げたいけれど、そう簡単には行かない。B-PUMP荻窪店は他店や他ジムと比べてグレードが甘めというのが定説のようであるが、それは「登りやすい課題」の比率が高いからだと思える。ま、それが全体的には甘い、ということだけれど。難しい課題はとことん難しい。あるグレードの課題を全部……とは言わないまでも8割くらい登ってからでないと、甘いとは言えないのではないか。かくして修業は続く。でも、たまには他のジムに行かなくては。

御岳、おしゃべりな散歩道

2009/03/24(火) 23:00

鵜の瀬岩に着いたら、K林さん(ロープクライミングで「テンショ~ン」を入れるときの声がかわいい)がマットをたたんでいる最中であった。一日中ムズいのをやってたそう。一度たたんだマットをひろげて、登ってみせろ、と。あ、そうそう。私、御岳ではマット使ってません。かなり腰に響くので面倒くさがらずに持っていこうかと思う。さて、スタートで行きつ戻りつしながらも、2級を1撃して面目を保つ。ウソ。昔、登ったことあり。まったりと喋りながらウォームアップ。K林さんが立ち去って間もなく、私もあまり調子がよくないので、鵜の瀬橋を渡る。遊歩道方面をすこし冷やかしたかと思ったら、吉野街道への階段を登って帰った。階段がしんどかった。何しに行ったんだ。

青梅駅の名物看板



B-PUMP荻窪店、2F奥どっかぶりホールド替え直後

2009/03/20(金) 20:32

左側

真ん中あたり

右側

いつもどおり、茶色テープまでは1撃。緑テープは1撃だったり2撃だったり。水色テープ課題には手こずる。

御岳、散歩日和

2009/03/17(火) 23:00

時間が惜しいな、ジムにしておくか、と迷ったあげくに青梅線。日が傾いた頃、御岳に到着した。

御岳小橋へ階段を下りていきながら、すぅーっと肩凝りがほぐれていく気がした。やはり外岩は気持ちいいな。


とけたソフトクリーム岩でウォームアップして、鵜の瀬岩に移動したら、じきに日が暮れてしまった。


B-PUMP荻窪店、軽く登った翌日

2009/03/13(金) 22:07

2階奥のどっかぶり壁。前回と同じ右カンテラインに抜けていく水色|(真ん中に線あり)。足が切れて振られ落ち。2撃。こういう快適な課題で一日を始めると、いい感じでパフォーマンスが上がりそう。前回跳ね返された緑テープ課題も本日1トライ目で成功。

1階奥壁ど真ん中の水色↑。昨夏のホールド替え直後にさわって、スローパーゴールの両手添えで跳ね返された課題。うーん、ゴールの両手添えが核心って……。興味索然として放置していた。もう1手出して、リップをゴールとみなすことにしよう。本日1トライ目で成功。なんだか調子いいみたい。


ブリッジ下のガバから足ぶらスタートする水色T。いかにもお買い得なのに1撃を逃す。詰めが甘い。2撃。

なるべく連日クライミングはしないようにしているけれど、軽く登って身体が活性化した翌日というのは悪くないようだ。

城ヶ崎ボルダー、バンブーロックに遊ぶ

2009/03/12(木) 20:19

グロッキーは英語でgroggyらしい。濁点がつくんだ。知らなかった。

ジャイアント馬場とデストロイヤーが闘っている時代の実況用語な今日この頃。リセットするために城ヶ崎へ強行軍。


フナムシロック。えらく潮が低い。大潮。されど正午に向かって急降下する日である。

ウォームアップで息切れする。いつもは課題を途中からトップアウトしてウォームアップ完了だけれど、トップアウトできるイメージは湧かず。こんなんで凝縮された2手をこなせるわけがない。右手大穴をさわってみたら、なんだか油っこい気がする。小指の付け根がぶつかるエッジのあたりが汚れている。血だ。ちょっとやそっとではない。スタートホールドにはパテを塗ったようにチョークが固まっている。週末の激戦の跡であろう。こりゃぁ、真水で洗うか何かしないと、きれいにならないぞ。

久しぶりにバンブー北の磯へ転進……と思ったら、あの家の庭先にバンが頭を突っ込んでいる。いつも通り抜ける脇道をきっちりふさいで。人がいる気配はないので、他の家を訪問した商用車かと思われる。正門をくぐって入る勇気はわかない。うっかり迷い込んだとは言えなくなってしまう。

未練がましく竹林に下りていく。なんとか迂回して行けないかな。いや、行けないことは、夏に偵察に来たときにわかっている。バンブーロックから畳岩に回ってみた。懸垂下降点が見える。こんなに潮が低くてもトラバースは無理。戻って、磯を見回してみると、ほどほどなボルダーが転がっている。と言うわけで、ここで遊ぶことにした。

磯の入り口から海をのぞむ

ふりかえって左側

ふりかえって右側

南側のボルダー

「からたけわり」。6a+(3級)くらい。ガバアンダーからSDスタート。

海側のボルダー

「太陽がいっぱい」。6b+(2級)くらい。もともと低くて狭いSDスタートが、ピンチフレークの崩壊により、もっと低くて狭くなった。小さい人には登りやすいかも。でも、たいてい波で濡れているだろうな。

両者ともチョーク跡は皆無。目立つ場所にあるので初登ではないであろうが、名前があったほうが愛着がわくと思う。お手ごろな課題なので、バンブーロックに行く機会があったらやってみてください。

目立つハイボルダー

うーん、これは登攀意欲をそそられること間違いなし。こちらにはチョーク跡あり。ルートグレードなら5.11前半と推定。マット1枚でボルダリングは怖い。登っているフリだけ。

B-PUMP荻窪店、缶詰のふたをあけて

2009/03/07(土) 20:47

行動範囲が狭い今日この頃。気分転換にちがうジムに行く余裕もなかったり。


2階最奥のどっかぶり壁。休憩時間のO西さんが左カンテラインで課題に打ち込み中。私は右カンテラインで水色↑を地味に完登。そのほか奥壁エリアで水色テープ課題や黄色テープ課題を物色したものの、完登に至らず。はては手強い緑テープ課題に跳ね返されるうち粉塵渦巻く時間帯になる。

B-PUMP荻窪店、ルーフ下から鷲掴み

2009/03/03(火) 21:52


Bell-Tree右側のルーフ下から出てくる緑|。リップに左足を乗せるところが腰痛もちには狭くて辛くて、棄権していた課題。本日、1トライ目で成功。

同じ場所にある水色|。ルーフ下の四角い鷲掴みホールドで足ぶらスタート? すでに登った人が右壁にスメアしてスタートしたと教えてくれたので、やってみる。最初は左手ポケットをキャンパシングで取ろうとしたら、確率が悪すぎる。正攻法のスタートホールドを足ピンチで成功。上部が難しいのかと思ったらやさしかった。

 ホーム
copyright © 2007 こーどれす らいふ all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。