スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | コメント(-) | 編集

ファイトーいっぱーつ、なモニュメント

2010/03/30(火) 23:00

野暮用で相模原の目抜き通りを歩いていたら、とあるスポーツジムの外壁に……。


ボルダリングみたいだけれど、何故、ハーネスはいてるんだ。何故、ヌンチャクぶら下げてるんだ。何故、男が女に手を差し伸べてるんだ。

おそるおそる中に入って聞いてみたところ、クライミングの施設はないとのこと。

スポンサーサイト

はじめてのエナジー高田馬場店

2010/03/28(日) 23:00


路地裏にはいるのかと思ったら、ほんとに早稲田通りに面していた。

[ はじめてのエナジー高田馬場店 ] の続きを読む

湯河原幕岩、小船岩ボルダー、「モンピト」2本指限定

2010/03/27(土) 19:40

朝からすっきりと晴れそうな天気予報に反して、空はどんより、空気はひんやり。

とあるエリアで下地を整備してウォーミングアップを兼ねるつもりが、なんだか夢中になってしまう。いかんいかんとアナサジを履き、岩に取り付いてみたら、うっすらと苔むしたリップが湿気を含んでいる。うーむ……。もっと乾いた日に来よう。

移動の準備をしていると、ボルダーマットを背負った人影が近づいてきた。へぇー、こんな日に、こんな場所にやってくる好事家が私以外にも……と思ったら、他でもない役人さんであった(笑)。200メートルくらい離れた場所で下地を整備していたとのこと。いやはやお互い好きですねぇ、とは口に出さずに、プロジェクトのムーブを検討したり、新たに登れそうなラインを品定めしたり。

私は貝殻岩ボルダーへ移動。シリカゲルさんと愉快な仲間達の皆さんで賑わっていた。

今日の裏本命、小船岩ボルダーの「モンピト」に取り組む。普通に登ると物足りないので、2本指限定で。

はじめは1本指限定に挑戦して撃沈したことは内緒。

よっしゃー、「どこでもビレイ券」ゲット! いつの日か「マーズ」をトライするときに使おうっと。おまき さん、ポータレッジの準備をヨロシクお願いしますね。

真面目に登っている人達には真面目な成果がありました。

▼yoriさん「サブウェイ」第4登?

午後になってから爽やかな青空になった。

大沢ボルダー上流域

2010/03/22(月) 22:00

▼S岩、T岩はスラブ主体

[ 大沢ボルダー上流域 ] の続きを読む

大沢ボルダー中流域

2010/03/22(月) 21:00

R岩が利用対象外なのは残念。

▼D岩(漬物石岩)

[ 大沢ボルダー中流域 ] の続きを読む

大沢ボルダー下流域

2010/03/22(月) 20:00

看板課題「solid」は大人気。


▼A岩(ソリッド岩)



[ 大沢ボルダー下流域 ] の続きを読む

大沢ボルダー見学

2010/03/22(月) 19:00

正午頃に到着。ご主人から「4月以降もC~R以外の岩に限定して利用可能とする」旨をうかがう。今日は何かイベントがあったらしく、その限定が適用されていた。それでも上流域と下流域には大勢のボルダラーがいた。入場名簿を見ると、50名近くが訪れていたようだ。御岳の混雑が少しは緩和されているだろうか。

いちおうマットを背負って来たけれど、何も登らなかった。

▼道路からA岩、B岩

[ 大沢ボルダー見学 ] の続きを読む

湯河原幕岩、貝殻岩ボルダー、「サブウェイ」

2010/03/20(土) 23:00

人っ子ひとり居ない。梅林の散歩客が迷い込んでくることはなく、気を散らすラウドスピーカーも鳴らない。ウッシッシ、とほくそ笑みながらマットを敷いていたら、シリカゲルさんと愉快な仲間達が登ってこられた。やがて役人さんとユキちゃんも。K宮さんも。なんやいつも通りやおまへんか。



苦手な衆人環視のもと、ムーブの確認とトライ。2~3回目で最高到達点へ。今まででいちばん余裕があったけれど、右手の這い上がりホールドを止めきれなかった。しばし休んで、指先を冷やしたのち……。

やっとこさ完登。ほっ。

もしかすると第3登? 雨に濡れたホールドを懸命に乾かし、暴風にマットごと吹き飛ばされながら、修業を続けてきた。すんなり登れるのも嬉しいけれど、苦労して登れるのも嬉しい。

賑わっている時は、トライするタイミングが難しいので、ビデオは回さなかった。代わりに、過去の惜しかったトライでも。

私にとってムーブの核心は4手目の左手寄せであった。左足ヒールのガニマタで岩を抱きかかえて振られ止めするのが、腰痛持ちには辛い。最初は左足をフラッギングして寄せていたけれど、確率が悪く、消耗が激しかった。覚悟して抱きかかえてみたら、思ったより痛くなかった。そのあと左手のピンチへクロスするところも、リップに左足ヒールをかけて掻き込むのは無理。縦クラックのあたりに真っ直ぐ引っかけてぶら下がると、掻き込まずに回転できることを発見した。苦しまぎれであったが、あとで足数を節約できるメリットもあり、万人におすすめ。役人さんにも好評であった。

他のエリアに移動して、のんびり下地の整備をしていたら、いつの間にか帰る時間になっていた。日が長くなった。

B-PUMP荻窪店、無差別級の夜

2010/03/16(火) 23:00


A実姐さんが居たので、いっしょに遊んでもらった。やがてスタッフさんが「これから道場を始めま~す。今日は無差別級で~す。集まってくださ~い」とアナウンスした。私が「ほら、参加すれば? 体重は無差別級でしょ」と言ったら、姐さんはとても喜んでいた。

マッスルchie嬢は相変わらずハッスルしていた。

自作課題でもやろうかと思ったけれど、どの壁にも人が多くて長居はできなかった。O西店長、やはりもう一店舗お願いします。

湯河原幕岩、役人さんがトポに追いつく

2010/03/13(土) 20:38

昨日、茶坊主さんが「サブウェイ」を完登されたとのこと。役人さんが把握されている範囲では初登らしい。よーし、第2登するべ、と「梅の宴」最後の週末に200円をカンパする。

貝殻岩に登っていくと、役人さんが幼い娘さんと一緒にいらしてた。他には、シリカゲルさんとお仲間、平塚からいらしたK宮さん、B-PUMPでよくお見かけするカップルの方、ほか途中参加の方々。

一番人気の「パイプライン」で最初に抜け出したのはK宮さん。

おめでとうございます。パイプラインのマントルは石切りの穴を使わない限定あり。もっと左に抜けるラインでも良いとのこと。

私の「サブウェイ」はまたも最後の乗り越し付近で力尽きた。前回より余裕があったのに、中継ホールドを使うムーブを忘れていた。無念。

私のムーブにヒントを得たらしく、役人さんは「これは登れる」と呟いて……。

第2登おめでとうございます。凄い気合いでした。印刷版のトポが出回る頃には完登しているだろうと先読みして、グレードを確定しておいた甲斐がありましたね。(笑)

その後、私の到達距離は伸びず。M月さんを呼びたくなった。

ロクスノでも紹介されたので、このボルダーは混雑し始めるだろう。そろそろ潮時かな。役人さんに代理完登?していただいたことだし、また静かな岩を求めて旅立とうか。(なんて言いながら、来週も貝殻岩に居たら、気づかないふりをしてください)

(蛇足)
えーと……。つい夢中になって課題を占有し、登りたくて横に居る人がずーっと遠慮して待っている場面も見受けられました。皆さん、気を付けましょう。自戒を込めて。

 ホーム  過去 ⇒
copyright © 2007 こーどれす らいふ all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。