スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | コメント(-) | 編集

城ヶ崎、「漁り火ジャンプ」

2012/02/26(日) 22:10

道路がしっとり濡れてる。晴れるんじゃなかったっけ。えーと、乾きの良さそうな露岩は……。いつもの磯へ。が、濡れてる。

とあるルーフへ。今季初。濡れたロープにすがって降りる。あれ? えらくトンネルがくぐり難い。今年は磯が上がった模様。

ヤリイカSD」のスタートは埋まっている。「メトロポリス」のスタートも窮屈だ。長手モノをやるには安全かもしれない。クラックがびしょ濡れなのは仕方がないとして、マイプロジェクトのキーホールドも濡れてる。ダメだこりゃ。が、未練がましくホールドをまさぐるうちに、あさっての方向にホールドを求めるムーブを思いつく。これもぼちぼちやりたいな。

いつもの磯に戻る。目ぼしいラインは登り尽くしたかと思いきや、灯台下暗し。こんなラインが残っている。

▼「漁り火ジャンプ」

屋根裏の散歩者」の右側フェースのど真ん中を登る。右カンテ寄りの脆そうなガバは使わない。ジャンプするムーブを予想したけれど、ジャンプしなかった。バンザーイ、なしよ。みたいな。ジャミング好きな人におすすめ? 6b+/6b(2/3級)だと思います。

しばらくマイプロジェクト。日が差してそこそこ乾いた。波が激しく、まれに取り付きまで押し寄せる。落ち着いてやってられないので本日終了なり。

スポンサーサイト

城ヶ崎、はしだて北の磯、「ブルシット」他

2012/02/19(日) 23:29

現代のニーズにマッチしたラインは見いだせませんでした、なんて書いたけれど、吉田さんスクールが訪れたあとにはしっかり課題が設定されるのであった。

▼吉田さん設定の「アメフラシ」(左5級、右6級)

波模様のホールドがパツンと毀れて、初っ端から落ちそうになった。

▼吉田さん設定の「海坊主」(4級)

右カンテのフットホールドを限定すると難しそう。ペタシだけで登ると、4級ではすまないと思いました。

▼まい さん設定の「メルカトル」(3級)

まい さんがトライしてたライン。登っちゃいました。ゴメンナサイ。ジムナスティックに身体を動かせる良い課題です。

▼吉田さん設定のルーフクラック出口ボルダー(3級)

名前はないらしい。極私的に「モルワイデ」と呼ばせてもらうことにします。

▼吉田さん設定の「ロー ラティチュード」(1級/初段?)

マットなしで。どのみち全体には敷けない。剣山みたいな下地なので、背中から落ちたらどエライことになる。一撃に成功。

本日の本命は吉田さん初登の「ブルシット」である。

甘いリップと甘いピンチからスローパーへのランジが核心、あきらめかけたが、まてよ、とやった首マッサージがきいたか、4回目に登れた。(ブルシット 7b/7b+ 初/2段) 2012/1/29
下地には平たい鋭利な岩がいっぱい。迷わずマットを使う(笑)。が、いちど振られ落ちして、マットを踏み外し、痛い目に合った。大事には至らなかった。ここで腰が引けたら登れない。距離感を掴むために、スローパーへタッチだけして、落ちる位置を十分に確認したのち……。

スローパーを右手で止めたあと、左手をマッチして、右カンテに重心が寄る。ここで落ちると、突き出た岩の段差にぶつかる。慎重にトップアウトした。

まだ触っていない課題があるけれど、次の機会に取っておこう。ギクシャクする腰と膝をいたわりながら、遊歩道に登り返す。城ヶ崎フォール……じゃなくて、対島川の滝まで来たとき、ふと吉田さんスクールでセットになっていた「こさいつな」のことを思い出す。遠いのかな。マットを置いて歩き出すとすぐに磯を見下せる場所に着いた。

ほほう、なかなか良いボルダーがありそうですな。って、おい、誰か登ってるよ。かぶったコーナークラックから女性ボルダラーが飛び降りる。男性がスポットする。

こんなマイナーエリアで嬉々としてボルダーと戯れるなんて、あの2人しかいないぜ。小走りで、磯に降りる。点々とチョーク跡がしるされた高いスラブをちらりと横目に見る。岩の迷路で人影が見つからない。波音で人の気配が消される。いた。ハイ、大当たり。続きはブログで。

城ヶ崎、漁り火ロック、ボールを授かる

2012/02/12(日) 22:27

朝一番にフナムシロックへ。漁り火ロックで拾ったボールを見せる。吉田さんのはクルマの中で見つかったそう。じゃあ、これは誰のだろう。何故あんなところに。近所の子供がキャッチボールでもしたのか知らん。「Kさんが使ってください」と吉田さんのお告げ。こうなる運命だったのだ。授かりものだ。効くにちがいない。

今週もマイプロジェクト。うー、ホールドが近いのに止まらない。こんな課題、ジムでもあるよなぁ。

いっときM輪さんが参戦。1手目を取りにいくところ。

快晴で波が低く、カラリとした風が吹く。絶好の完登日和。3手目の右手がカンテをはたいたものの、こらえ切れず。ドサリ。本日たった1回のチャンスをモノにできなかった。

来週は気分を変えて、あのエリアへ?

城ヶ崎、漁り火ロック、撃沈

2012/02/04(土) 22:03

はじめは冗談みたいな課題であった。

低いし、時として波しぶきがかかるし、ヌメるし。

1手ずつムーブが出来たら、なんとか登りたくなった。

つながらず。ぐぉぉ。

 ホーム
copyright © 2007 こーどれす らいふ all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。