スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | コメント(-) | 編集

城ヶ崎、こさいつな、「10 LITTLE INDIANS」

2012/03/25(日) 23:50

今日も、こさいつな にボルダラーの姿あり。

SJさん、まい さん、お初のホッピーさん。まい さんの髪はボーイッシュになっていた。はじめ遠藤由○さんかと思った。

ヒラリー カンテ」のひとつ海側の四角い岩でウォームアップしようとしたら、歯ごたえ満点。狭くて足が上がらない。下地には漏れなく岩盤がついてくる。マットを敷くと、背中を擦ってしまう。むぐぅ。悶絶していると、岩の向こう側から歓声が湧く。SJさんが「シャドウ ゲーム」を完登。好調ですね。

この課題、小さい人のほうが登りやすいかも。まい さんに薦めたら、3人でトライしてくださった。

ホッピーさんが一抜け。

課題名は、まい さんの背中に由来する。1級くらい。

お三方は「ピーター」に転進。

自分は別の磯へ移動。目的の岩は日陰になりつつあった。よしよし。ムーブは全部できるんだけど、そう簡単にはつながらない。左の中指の爪先が裂けるまで打つ。終了~。

スポンサーサイト

城ヶ崎、はしがかり北の磯、「バタフライ エフェクト」立ちスタート

2012/03/20(火) 23:08

寝坊。

磯をのぞきながら遊歩道を行く。こさいつなを見晴らす木の手すりから、おぉ、ボルダラーらしい人影が見える。降りてみると、薄紅色のTシャツは、ひらひらお姉さま(©アイロンさん)でした。

ひらひら さんに「こしゃくなマントル」を紹介したら、サクッと完登されてました。

岩を物色。南側の側壁近くにある丸っこい岩には、 まい さんとSJさんが初登した3級と4級がある。その中間ライン、段違いポケットからSDスタートできないか探る。悪すぎる。

はしがかり北の磯へ移動。小高い尾根で区切られた隣の びゃくび に迷い込んだ。初めて行く人はきっと同じ道をたどる。驚いたことに、クラックを登っている人達がいた。音に聞く「エキノコックス」だろうか。はしがかり もそうだけど、「関東周辺の岩場」「日本100岩場」ともに紹介されていない。マイナーエリア好きっているんだな。他人のことは言えないか……。

さて、はしがかり北の磯。先日見下ろした大岩は迫力あり。スラブ面を登ったら凄いだろうな。ウォームアップに良さそうな小ハング岩がいくつかある。軽くやろうとしたら、SDスタートが狭くて渾身。1手目が出ず。悪戦苦闘。ふう、温まったぜ。

ひらひら さん達もやって来た。ひらひら さんは「青い魚」を完登。快進撃は続く。ボル中さん御一行も訪れて、おいおい、ここ本当にマイナーエリアなの?

大岩の海側のルーフで遊ぶ。良いスタートホールドがないので、左奥の岩(元は大岩の一部だったはず)からリップトラバースして右に抜ける課題を設定してみる。リップ悪すぎ。つながらず。何かしら成果が欲しくて、立ちスタートバージョンを登った。

三角形のリップの両端を持って、足ブラでスタートする。6b(2~3級)だと思います。

城ヶ崎、日蓮崎、ちょい登り

2012/03/11(日) 23:11

乾くかどうか、と言うより、降ってますやん。傘さしてますやん。快晴の予報を信じて突き進む。11時頃に日が差して、一気に爽やかな一日となった。

▼マントル(2~3級)と、ブタッパナ左(4級)

吉田さんや、まい さんや、SJさんが紹介していた課題。このマントルは素晴らしい。ブタッパナ右は難しかった。例によって、帰宅してから「あのムーブやってみりゃよかった……」

ほかにも魅惑のルーフ&ハングあり。次はいつ行けるかな。

アレ以来、左膝を痛めている。膝を外に倒してクラックに爪先をねじ込むムーブを繰り返したせいらしい。なので今日はマッタリング。遊歩道を南下してみる。道はゆるやかに蛇行し、上下し、ひと山登った気分を味わえる。はしがかり北の磯にはデカイ岩が見えた。

城ヶ崎、こさいつな、「シャドウ ゲーム」

2012/03/07(水) 21:11

今週末はまた土曜日降って、日曜日に乾くかどうか、というパターンになりそうだ。平日カードを切るぜ。

磯に降り立ってみると、どんより湿っぽいけれど、濡れてはいない。

▼吉田さん設定の「パンタグラフ」(5級/カンテ限定)

なるほど手足の形が。ネーミングの妙なり。

▼「こさいつなマントル」……じゃなくて、「こしゃくなマントル」(3級)

ヒラリー カンテ」の隣にあるルーフ岩。右奥の台座に腰掛けてスタートし、マントルを返す。足は台座の岩を使ってよい。リップ上のホールドをちゃんと確認せずに取り付いたら、一回落とされた(汗)。伸び伸びウォームアップできる。

さて、本題。映画の公開に合わせて完登しようと決心したけれど、今週末が雨だと企画倒れになってしまう。せめて先に登ろうではないか。

1トライ目、左手の掛かりが浅く、ためらい落ち。

2トライ目、左手をずらそうとしたとき、指がつっかえて、ずっこけ落ち。

3トライ目……。

左手ガバクラック、右手カンテでSDスタート。立ち込みのガストンムーブがスパイスとなる楽しい課題。楽しいけれど下地がとっても気になる。7a+(初段)くらいだと思います。

城ヶ崎、こさいつな、マイナーエリアの人々

2012/03/03(土) 23:50

雨上がりは迷わず城ヶ崎へ。

お疲れ気味。本当は日曜日に登りたいけれど、また天気が下り坂らしいので強行。

駐車場に、ひらひら さん、S太郎さんの姿あり。お仲間に長身の男性(のちほど有名な人とわかる)。クラックがびしょ濡れなのでボルダーに切り替える算段中らしい。

自分は、こさいつな へまっしぐら。やや湿っぽいけど、日が差せば乾くだろう。

▼ここに来たら、最初に登りたい課題。まい さん初登?の「松葉」(3級)

一瞬、足がズルッと滑って焦った。取り付き直下の岩の上に落ちるとヤバイ。右側の岩が黒いラインはかなり難しそう。乾いた日にマット沢山で登りたいところ。

▼「ヒラリー カンテ」(3級)

左手ポケット、右手縦カチでSDスタート。腰を浮かせて、カンテに立ち込むまで力を使うが、あとは伸び伸びと登れる。

先々週、SJさんが教えてくれたラインをさわる。おぉっ、これは良い課題だ。左手のガバクラックの使い方が重要。立ちスタートはすんなり登れたけれど、SDスタートから繋げると、左手がうまく決まらない。核心を越えて、登れた、と思ったトライも、アデノシン三リン酸の急速な枯渇(笑)で指が開いてしまう。平日のジムもこんな感じだったな。下地が悪いので一か八かで手を出せない。それでも数撃ちゃ、ぴたりと嵌るワントライがあるだろう。延々と打つ。

夕暮れの気配が忍び寄る頃、ひらひら さんと長身の男性がやって来た。長身の男性は、知る人ぞ知るアイロンさんであった。はしだて北の磯で登っていたそう。

▼アイロンさんの「シャドウ ゲーム」立ちスタート(2級)

核心を抜けたあと、右側のフェースに立ち込むほうが力を使わずに済むようだ。私は一見やさしく見える左カンテ沿いに抜けようとして苦労していたのであった。ぐすん。今日はもう核心をこなす力が尽きた。次回。

帰り支度の雰囲気のなか、ひらひら さんがクライミングシューズを履く。

▼ひらひら さんの「ヒラリー カンテ」(3級)

ひらひら さんがヒラリと登った。お見事でした。

 ホーム
copyright © 2007 こーどれす らいふ all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。