スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | コメント(-) | 編集

遠きにありて

2012/06/26(火) 23:50

仕事中ふとGoogle Mapで故郷をさまよう。長いこと帰ってない。ストリートビューで、窓から田圃が見えるMOS BURGERやら、昔のジョギングコースやら見て回る。やがて実家を離れて、一人暮らしの街へ。おいおい大学の構内まで侵入できるぞ。あー、あの煉瓦の柱や、腰掛けたベンチ。記憶に埋もれていた細部が芋づる式によみがえる。いろんなことがあった。幕間には色恋沙汰のひとつやふたつ。山と海にめぐまれた地方でやたらと走ったこと、登ったこと。砂袋を詰めたザック(当時はキスリング)を背負って、裏山へ駆け登った。頂上のベンチに倒れ込んで、死にそうな呼吸を整えて、汗みどろの顔を上げると、眼下には夕暮れの海と、ネオン煌めく港町の絶景が広がっていた。日本三大夜景のひとつはこの山ではなくて、彼方に見えるあの山であるが、明日はそこへランニングで駆け登るのだ。なんだかナルシスティックにカッコ良かった。あの頃のような熱情を取り戻せないもんだろうか。電子的なイリュージョンに誘われて、ゾワゾワした一日であった。

スポンサーサイト

某嬢の物語

2012/06/22(金) 23:50

都内某所。滅多にジムで登らない某嬢を目撃。

たしかに借りてきた猫のような気配もあり。猫。猫娘? シャーッ!!

M&Cペアも偶然。某嬢曰く「ジム変えたの。トルクアップした、とか書かれるから~」。

……きっと、「バルクアップ」と言いたかったんだと思う。

夏のジムは冷房ガンガン効かせてくれ~ッ。

SoftBank 電波状況ピンポイント検索

2012/06/21(木) 23:50

SoftBank 電波状況ピンポイント検索

小川山で通じれば、選択肢が広がるんだけど。

FIVE TEN(ファイブテン) JET 7 旧モデル

2012/06/17(日) 19:56

ICI石井スポーツで JET 7 の旧モデルを見かけたので迷わず購入(マタドールと比較するの図)。何かのキャンペーンで10パーセント引きだった。新モデルはブラックウイングやTeam5.10と同様にヒール内側のラバーが抜かれたのを残念に思っていたのである。旧モデルのヒールのボリュームに不満はなかったので、自分にとっては改悪でしかなかった。ただでさえ細くてぐらつきやすいヒールが余計ぐらつくじゃないか。厳しいマントリングではヒールの内側を使うと思うんだけどな。前傾壁専用という割り切りか。他メーカーの靴だと、ラバーを抜く場合も、薄いラバーの立ち上がりをある程度残して強度を確保しているし、元々ヒールは固めの作りになっている。

ブラックウイングとTeam5.10の新モデルは滑りやすい露出部がリキッドラバー?でコーティングされるようになった。これは嬉しい。いっそラバーで塞いでほしいな。

Red Chili(レッドチリ) マタドールVCR V2

2012/06/16(土) 20:24

気になっていたクライミングシューズ。新宿のモンベルショップで購入してジムへ。

底の剛性が最強レベルでダウントウなので、さぞかし拷問かと思いきや、とても履きやすい。UK7.5を選択したけれど、UK6.0くらいまで、あれ……あれれ?と履ける不思議さ。全体のアーチは顕著だけれど、爪先はFIVE TENのドラゴンシリーズほどのコンコルド形状ではない。3本ベルクロなのでトウラバーが狭いかと思いきや、爪先側のベルクロの位置は普通の2本締めと変わらない。足首側のベルクロがかなり高い位置に付いている。緩傾斜でエッジングを効かせたいときにガッチリ締めるといいんじゃないかな。ヒールカップの形状と硬さは抜群。惜しむらくは、やや浅く感じる。アッパーの深さはJet7と変わらないけれど、スリング状のラバーの絞りが足りない模様。個体差だろうか。

ジムの登りは「忍従」の二文字。悪化しとる。フットホールドが高い位置にあると、足を上げるのが辛い。キャンパシングも体幹の振られが痛そうだったのでやめておいた。むーん。

腰痛改善プロジェクト再始動?

2012/06/12(火) 23:05

2年前に一念発起?して始めた前屈・エビぞりストレッチングで腰痛がすこし改善したものの、その後気ぜわしい日常に紛れて怠るようになった。いま現在の状態は、朝起き抜けに両手で顔を洗うことはできない。左手を洗面台につき上体を支え、右手でピチャピチャと……。カッコ悪い。この夏の目標は、両手で顔を洗えるようになること、かな。前屈ではもうすぐ鼻が膝につきそう。

テニスボールやら中山式快癒器やら、自動車用品店で見つけたマッサージ器具やら使ったマッサージも念入りに。やり過ぎて、炎症を高ぶらせている感もあり。ジムで手に足フック系の課題をやると、力が入らないので、たやすく剥がされてしまう。仕方がないのでキャンパシングの真似事など。キャンパシングも、遠いバーを掴みにいくには、体幹で反動をつけなくてはならないので、いまひとつ伸びないのであった。

マヤ・ヴィドマー

2012/06/09(土) 23:50

ロクスノ056号にインタビュー記事あり。マヤ・ヴィドマーと言えば……。

オサレな映像。ワンコ好きにはたまらんと思われます。

オーバーホール

2012/06/06(水) 23:50

梅雨入り宣言はまだだけれど、気分的には外岩シーズン終了。ジムでゆるくたくさん登る。5級くらいまで、と思いながら、つい4級に手を出す。あ、3級もひとつ登ったかな。

昨年9月から今年5月までほぼ毎週、外岩に出かけた。週末降った、あるいは週末降りそうだったら、平日カードを切った。よく登った。その一方で、遊び疲れ(苦笑)の感もあり。

夏はジムを主として、気が向いたら外に行くかも、くらいの心算。天気予報を日に3回チェックして、ジムで刺激を入れる日程や強度を調整……なんて気を揉むことなく、疲れていたら一日多くレストすればいい。遠出が少なくなる分、身体(特に腰)のメンテナンスに手間隙かけたい。カチの保持力アップと柔軟性の向上にも努めたい。

2度目のエナジー高田馬場店

2012/06/03(日) 23:50

夏モード。麻のシャツを羽織って、涼し気な靴で。

▼MERRELL Jungle Ventilator Moc II

クライマー的には、甲側のプルタブも欲しい。さらに1本締めベルクロがあってもいいかな。

2度目のエナジー高田馬場店。

受付でいきなり、こんなところに居るとは思わない顔見知りに出迎えられてビックリ。ここが開店して間もなく店長に就任されたとのこと。以前は仕事が忙しくて登る時間がないのが悩みだったようなので、「いつでも登れるようになって良かったですね」と言ったら、自分のために登る時間がなくなったそう。セットや講習で慢性的に疲れてるとか。いろいろありますね。

中に入ってみると、以前は貸靴置き場だったところが自動販売機に。以前は受付だった一角が壁に囲まれた小部屋になっていた。キャンパスボードも設置されてあり。

とある岩場、ひと区切り

2012/06/01(金) 21:28

諸事情により金曜日。市街地で28℃を記録。木陰なので暑くはないけれど、生温い風が吹く。

マントルのカチを左手でとらえて、チクタクして右手に持ち替える。

今日もつながらず。真ん中のスローパー帯でズルっと掃き出されて、これまでにない落ち方をした。シーズン終了か。午前中の涼しい時間帯を狙えばまだまだ登れるだろうけど、気持ち的にひと区切りかな。

森をのんびり下りていく途中、年代物の空き缶を見つけた。

 ホーム
copyright © 2007 こーどれす らいふ all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。