小さなクライミングシューズを履く方法

2012/09/30(日) 23:51

ハーフサイズ小さいクライミングシューズを買った。もともと着脱がきつい靴なので、素足ではどうしても踵が入らない。ポリエチレンの袋を足にかぶせて履いていたけれど、せっかくの高性能な靴がもったいない。足指が若干滑るし、袋の内部が蒸れて気持ち悪い。高い買い物だったなぁ、と悲しんでいた。が、最近、ポリエチレンの切れ端で踵だけ包めば履けると気づいた。しばらく慣らせば、ポリエチレンなしで履けるようになるはず。これで安心してデッドストックの旧型Jet7を外岩に回すことができる。

NANGA(ナンガ) ポータブルダウンパンツ

2012/09/25(火) 22:23

小さな包みが届いた。

寒冷地でのんびりコーシーが飲めるように。

最近ダウン製品ばかり買ってる。

手足限定とカタコト

2012/09/23(日) 23:50

ジムで登ってたら、ボルダリングを始めて間もないらしい外人男性(あとで南米の方とわかった)からカタコトで「手足限定で登りましたか?」ときかれた。ハ、ハイ……。自分にとってはやさしい課題なのでスルスルと登った。足自由で登ったと思われたらしい。そのあと、もう少し難しい課題を登ったら、また言われた。ん? 何か別の意味で言ってるのかな。首をかしげていると、いちばん日本語が堪能らしい仲間の女性(台湾の方)に通訳を頼んでいる。やはり「手足限定ですよ」と。うーむ。彼がトライしていた課題を登ってみせる。テキトーに取り付いたので、ホールドを見失い、1個使わなかった。そういや、さっきの課題でもホールドを飛ばしたな。それでルール外の登り方をしていると思われたのかもしれない。女性がニコニコしながら言う。「あなたは動きが軽い。バレエを見ているようだ」と。うひょ~。そんな嬉しいことを言っても、何も出ませんよ~。でもまた行こうかな~。

そろそろ薄手のダウンジャケット

2012/09/17(月) 20:59

気分転換に少し派手目なやつ。Marmot TRANS DOWN JACKET (MJD-F1013)

まだまだ汗だく高尾山

2012/09/09(日) 23:50

18時頃登頂。ドルルルルと時ならぬオートバイの音。売店の営業車はよく見る。オートバイは初めてだ(薬王院の参道を袈裟着たオボーサンがノーヘルで疾走しているのは見たことある)。警官が人々に呼びかける。「もうすぐ暗くなります。ライトを持たない方は早めの下山をお願いします」。ひえ~、世話焼きすぎでしょう。

Pusher The Spotにチェストストラップが欲しい

2012/09/04(火) 23:50

Pusher The Spotを長時間背負って歩いていたら、キスリングの背負い心地を思い出した。幅の広いショルダーストラップ。ウエストベルトはあるものの、普通のザックのように包み込むような締め方はしにくいので、「肩で担ぐ」感覚……。チェストストラップが欲しくなる。チョークバッグ用のバックル付きストラップで代用したけれど、フィット感はいまひとつ。強く締めると、ショルダーストラップがひしゃげる。やはり作り付けがいい。それから雨蓋部分はもっとマチを大きくとって、たくさんモノが入るようになるといいなぁ。

電車の中で、飲みかけのペットボトルやら、読みかけの本やら、無造作に放り込めるのは良かった。

 ホーム
copyright © 2007 こーどれす らいふ all rights reserved.