とある岩場でちょい登り

2012/10/28(日) 23:17

平日はジムに行かず完全休養。金曜日に休みがとれたので、外岩でちょい登り。かれこれ一ヶ月くらいホールドを全力で握っていない(握ったつもりでも握れていない)ので、まず神経を叩き起こさなくては……。

日曜日にまた行こうかと思ったら雨。否応なくジム。新規オープン時に足を運んだジムへ。4年以上ぶりである。おしゃれで綺麗だった壁はすっかり黒ずんで、そこはかとなく場末感が漂っていた。

はじめての瑞牆山ボルダー

2012/10/21(日) 23:33

しばらくはジムでゆる登り……と思ったけれど、これだけ快晴だと出かけるしかない。

人の少ない方へ歩いて行ったら、大黒岩に出た。自分はまずやらないだろうなぁ、とハイボルダーを眺めていたら、通りかかった人達のこんな会話が聞こえてきた。

「誰もいないね」
「高いから、人が多い時じゃないとやる人いないんだよ」

なんですとぉ。じゃあ、一人でやればそれだけ価値が上がるってことだ。

下部の立ち込みをこなせば、上部はガバガバなんだろうと思ったら、最後の乗っこしが微妙。焦った。トップアウトしたあと、もうコリゴリという感じで駆け上がった(苦笑)。これを6級とグレーディングする室井さんの感覚がおそろしい。

あとはエリアの隅っこのほうで静かに遊んだ。体調がよろしくないときの典型的な症状で、力を込めると人差し指がピンと攣ってしまう。ホールドを押さえた瞬間にそうなるので保持できないのである。

それでもこんな課題を一撃。最初「草笛」だと思ってヌカ喜びした。やがて4級SDと判明。どうりで……。

最後、カメラの電池が切れた。ぎりぎりマントルを返したところまで入っていた。うぅ、今日はなにかとしょぼいぜ。

季節の変わり目、保持力ナッシング継続中

2012/10/17(水) 23:50

ジムに行っても、自分の指じゃないような感覚で、黄昏れてるばかりであった。こんなこと前にもあったな。秋口だった。この数年は夏が長引いているので、一ヶ月遅れくらいで符牒が合う。数カ月ぶりに体重計に乗ってみた。げっ、68kg超えてる。これじゃ登れないわけだ。急に涼しくなって、身体が体脂肪を溜め込んだのか。たんにストレス食いの間食がいかんという話もあり。せめて65kgくらいに抑えなくては。理由がわかったので、すこしほっとした。

日原ボルダー散策

2012/10/14(日) 23:17

土曜日は夕方4時までグースカ。日曜日はどこか出かけたいところだけれど、当然のことながら寝付かれない。きん さんとこに一番乗りでコメントを書く。10時過ぎて起きたら、近場でも間に合わない。日原を岩散策。Pusher The Spotを背負って。14時近くに到着。岳嶺岩のあの課題、登れるかな。うわー、まだ下地が湿気っぽい。この季節でもダメなのか。パラダイスエリアに行ってみよう。東日原のバス停あたりから適当に下っていく。河原の対岸に岩が見える。あの辺だろうか。渡渉の心構えなくスゴスゴと引き返す。都心へ戻り、ジムでちょい登り。先日登れなかった課題がすんなり登れた。調子は上向き? 来週はどこさいくべ。

はじめての安達太良ボルダー

2012/10/08(月) 23:50

ほんとの空の下。

ここ2~3週間、お忙しモードにつき、保持力ナッシング中。前腕の疲れと、指のこわばりがとれない。平日ジムに行ったら、4級でアップアップだったので、1時間くらいでやめてしまった。

外岩ではある程度ごまかしがきくし、絶景のなかではやさしめの課題でも楽しい。

その1

カンテ奥のホールドをやみくもに掴んだら、鋭利なエッジでいきなり指皮が切れた。高さに緊張した。

その2

保持力というより体幹系。あっさり登れた。

その3

手に足ヒールで1手目を出すムーブは、持ち前の腰まわりの硬さと、サイズ的な狭さで出来なかった。下部のフットホールドから一気に伸び上がった。なんかちがう気もするけれど、いいことにしよう。

 ホーム
copyright © 2007 こーどれす らいふ all rights reserved.