城ヶ崎、とあるルーフ、「ラッパムシ」

2013/02/23(土) 22:37

海岸に着くと、霧雨。またか。昼から上がりそうだけれど、確実に登れそうなルーフへ転進。先週の宿題にいそしむ。核心で左足のヒールトウをかますと、芯に残った筋肉痛がぶり返してくる。同じ事の繰り返しじゃいかん。あれこれ試すうちに、良いムーブが見つかった。

1回目のつなげトライ。ゴール直前で力尽きた。つなげてくると、ガバからガバへの遠いムーブで肩がひらいた恰好で動けなくなった。

やや小さめのホールドを2手はさんで刻むムーブに変更。2回目のつなげトライ。

ルーフ奥のガバから、コウモリトラバースへリンクする。昨年、今年と磯が上がっているせいか、スタートが狭くて、足を山側にすると、背中がベッタリついてしまう。なので微妙な足先行スタートとなった。ルーフをぐいぐいと爽快に動き回れる。核心は色々な方法がありそう。此処では貴重な初段である。

城ヶ崎、とあるルーフでぶら下がり

2013/02/16(土) 23:33

朝方降ったあとは快晴……のはずが、降ってますやん。とあるルーフへ転進。湿気っぽいけど、十分登れる。クラックもほとんど染み出していない。吉田さんとこに書かれていた課題を探る。そういや昔、チョーク跡を見たけれど、アレにちがいない。クラックにリンクせずに、わずかにショートカットするラインでムーブを作る。あと一手が繋がらず。何か技があるんだろうか。数時間も天井を見上げてパントマイムしていると、首筋や腹筋がえらく疲れた。ヘトヘトになって終了。

靴下クライマー

2013/02/11(月) 21:00

クライミングに行かない休日。山道具屋さんをハシゴする。こんな快晴の日に同じ行動パターンの人、けっこう居るんだよなぁ。ま、遠出しない分、浮いたお金でモノを買うというのも、それはそれで愉しい。また来る夏山を想い、速乾タオルを。まだ続く冬岩を想い、暖かい裏起毛パンツを。そして、また買ってしまいましたJet7の旧モデル。ハーフサイズ大きめ。サイズ調整は靴下で。すっかりドラゴンラストに慣れた(足のほうが変形した?)とはいえ、長時間履いていると親指の爪が人差し指に食い込んで痛い。テーピングしたり、人差し指だけの靴下(軍手の一本指分を切ったもの)を履いて緩和しているけれど、いっそ薄手の五本指ソックスを履けば、インナー全体が汚れずにすむメリットがあるんじゃないか。シビアなエッジングには厚手の靴下で対応する。それだと繊細な足使いが出来ない、という説もあるけれど、もともと左右の足でサイズがちがうから、どちらかの足が微妙に合ってないはず。最初から靴下を履くことを前提にサイズを選び、左右のちがいは靴下の厚さで調整するってのはアリかもしれない。試してみよう。

湯河原幕岩、桜岩、「ノース」

2013/02/03(日) 21:38

風邪。生殺しの状態で金曜日まで耐えた。恒例の皮膚がヒリヒリする感じが続く。腹の前が衣擦れすると痛くて、歩くとき前かがみになってしまう。なんか今回は長引くなぁ。

寝坊したので、湯河原で途中下車。ちょうどいい気温。梅はまだ一分咲きにもなっていない。ムズいのをつまみ食いして回る。 初めて桜岩でクライミングシューズを履いた。コミさんが書いてた推定二段、たぶんこれだな。細かい。痛い。指パワーもさることながら、指皮を鍛えないとね。諦めてリーズナブルな課題を探す。トポがないので、自然なラインを。

帰宅してトポを確認したら、「ノース」のラインであった。スタートは斜めガバを使ったけれど、本当は1手右の水平ガバかもしれない。

ニコール姐さん

2013/02/02(土) 19:56

うん、うん。100回くらい拍手ボタンを押したくなった。でも今日、記事は削除されていた。あっぱれなり。

さて、最近この人の動画を観ている。同じ人が演ってるとは思えない。多才な人っているんだね。

 ホーム
copyright © 2007 こーどれす らいふ all rights reserved.