スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | コメント(-) | 編集

湯河原幕岩、最高カンテ、撃沈

2008/01/27(日) 22:03

今週末から梅の宴が始まった。湯河原駅前から幕山公園までバスが出ている。まだ梅が咲いていないため入園料はなし。

今日はスードラON攀(13a)に本格参戦すべく。けれど、ウォームアップのシャックシャイン(10d)で、あれッ? 保持力がえらく弱いような。岩が冷たいせいもあって、ヒーヒー言いながら登る。大パンプ。スードラON攀をさわってみると案の定、先週のようには核心のカチを持てない。トップアウトもせずに終了。

ちょっと気になることもあったので……。一日中、シャックシャインと帰還兵でトップロープ軍団が騒がしかった。シャックシャインからロープを振って、スードラON攀をさわる人がいたり、取り付きでラジオをかける人がいたり。

最高カンテ(11d)に転進。いちおう一撃狙い。無論、撃沈。二撃もならず。

帰宅してからWEBで「最高カンテ」を検索したら、ビデオがいくつかヒットした。どうやらボルト3本目から4本目にかけて、いちばん辛い箇所で、カンテの左側に半身が出るくらい、しっかり足で立っているようだ。私の場合は、カンテ際のヒールフックは使うものの、カンテ右側だけのフェースムーブ。限定し過ぎかもしれないけれど、これはこれで面白い。

ちなみに、取り付きから一段上がったカンテ奥(滑り台?)のガバは使ってはいけない、という限定説があるらしい。目と鼻の先にあるので、使わないのは不自然に感じる。私は使った。赤本や「日本100岩場」ではラインどりが判りづらいけれど、「ROCK&SNOW number034」のトポには自然なラインが描かれている。ただし、ボルトはカンテ際に3本、ハング下に1本、ハング上に1本が正しいはず。


松ちゃんはスーパータクティクス(12b)にトライ。体調不良のため完登はならず。

へなちょこミサイルさん(?)のスーパータクティクス完登シーンをビデオに収めることができた。

<<  湯河原幕岩、崩落事故にともなう登攀禁止  |  ホーム  |  高尾山より影富士を望む  >>

コメント

コメントの投稿

 (省略可)
 (省略可)
 (省略可)
管理者にだけ表示を許可する

 ホーム
copyright © 2007 こーどれす らいふ all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。