スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | コメント(-) | 編集

氷川屏風岩、一見の客

2008/03/01(土) 21:50

賑やかな岩場から一転して静かな岩場へ。今日はアプローチを確認し、岩場の雰囲気に馴染むための偵察行といったおもむき。枯葉が堆積した傾斜路は滑落を誘い、心身ともに疲れた。C峰に着いてみると、我々のほかには2人組の方達だけ。

▼低脂肪(13a)をトライするクライマー

午前中は風が強かったけれど、午後にはおさまり、ポカポカ陽気となった。湯河原幕岩とさして変わらないのではなかろうか。いきなりリードでは突っ込みにくいルートが多いので、トップロープを掛けて、チャートの細かいホールドをさわって遊んだ。

静かな岩場に居ると、しみじみ考える。岩場で顔馴染みのクライマーと交流するのは楽しいけれど、岩場がジムの延長のようになってほしいとは思わない。ある種の緊張感を保った、神聖な場所であり続けてほしい。たとえ通い詰めた岩場であっても、一線を越えたくない。一見の客として訪れて、一見の客として立ち去りたい。

この岩場の開拓者のひとりである草野俊達さんが「フリークライミング 入門とガイド」で名文を書いている。

パンプした腕を癒やしながら、夕日に浮かぶ山を眺める時間は最高です。こんな時を過ごすのに最適なのが氷川屏風C峰上の小さな広場です。そのままいつまでもいたいところですが、私の経験からいくと、真暗な帰り道はすっ転ぶこと間違いないでしょう。

▼イクイノシシ(11d)の終了点と……

あれ? 神聖な岩場でカップラーメン食べてる。ま、それはそれ、これはこれ。

<<  氷川屏風岩、インベーダーに撥ね返される  |  ホーム  |  湯河原幕岩、スードラON攀、パズルの完成  >>

コメント

コメントの投稿

 (省略可)
 (省略可)
 (省略可)
管理者にだけ表示を許可する

 ホーム
copyright © 2007 こーどれす らいふ all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。