スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | コメント(-) | 編集

太刀岡山、クライミング日和、昼寝日和

2008/04/29(火) 22:13

気温は真昼間で20℃前後。身体がよく動き、ホールドはカラカラ。去年の今頃から20回以上も小山ロックに通った中で、最高のクライミング日和だったのではなかろうか。

カリスマ・ラインを狙っている皆さんは1トライ目パワーに賭けるのが流行なのか、順番の譲り合い(牽制?)も見受けられた。そんな中、見事にカリスマ(13a)を一抜けたのがSSさん。静かに、確実に、終了点直下のドラマもなく。

▼祝福の握手攻めにあうSSさん

我らが松ちゃんも、ついにスーパーラット(12c)を完登したぞ。見ている方も安心な登り。本人はリップ直下で「こんなに余裕があるのにムーブをミスして落ちたらどうしよう」と考えていたらしい。睡眠不足だったそうで、その後はがっつり1時間くらい昼寝していた。いや、松ちゃんだけでなく、完登した人も完登していない人も、新緑の木陰で昼寝して、16時くらいまで太陽をやり過ごしていた。

私のスティングレイ(13b)は完登トライからは程遠い段階なので、時間帯に関係なく発進。核心のムーブは、文章では表現できないくらいミリ単位の進歩。まぁ、じっくりと。

<<  Laboratorismよ、永遠に  |  ホーム  |  太刀岡山、雨に集う人々  >>

コメント

コメントの投稿

 (省略可)
 (省略可)
 (省略可)
管理者にだけ表示を許可する

 ホーム
copyright © 2007 こーどれす らいふ all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。