スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | コメント(-) | 編集

小川山、屋根裏のタジヤン、乾いた雑巾を絞る

2008/06/15(日) 23:05

前夜発。キャンプ場を8時に出発。マラ岩にほぼ先頭グループで乗り込んだものの、レギュラー(10b/c)でアップしている間にどんどん人が増えてきた。

松ちゃんはシルクロード(12b/c)の最後のトラバースをまだ解決していない。「今のうちに舳岩からロワーダウンして練習したほうがいいよ」とアドバイス。その甲斐あってか、順当にムーブを解決した。リーチがあるので、ダイクへ立ち込む左手カチから、右手サイドカチまで一気に届いてしまう。そのあと下から2トライして充実の一日を過ごした模様。

▼シルクロード屈曲点あたりを登るクライマー

さて、私の課題は、1日を費やしてやっと中間部の1手(右手アンダーから左手ガストンをとる)を解決。小柄な人は狭キョンを決めてスタティックにとるのだけれど、私のサイズでは真似できない。気合のデッドポイント。一度止めることができたら、次からは自信をもって手を出せるようになる。繰り返しているうちに、動きが滑らかになり、スタティックにとれるようになるであろう。

最後に筋トレ。下部核心の右手飛びつき、足ブラを数回。松ちゃんにはロープの弛みをとるタイミングを練習してもらう。

今日はなんとか乾いた雑巾をひと絞りできたけれど、次回はもう1滴も絞れないのではないかと心配になる。

<<  クライミングビデオ「dai's video diaries vol.1」  |  ホーム  |  はじめてのTウォール錦糸町店  >>

コメント

H山: お疲れさまです。

今週は日曜も天気良かったみたいですね。スペシャリスト、一手一手全てが核心ですよね。来週も頑張りましょう!
2008/06/15(日) 23:42:42 | URL [ 編集]

無名クライマー: No title

たしかに「一手一手全てが核心」ですね。今までやってきた5~6ルート分の核心が詰まっている感じです。カチ持ちをトレーニングして頑張ります。
2008/06/15(日) 23:51:17 | URL [ 編集]

コメントの投稿

 (省略可)
 (省略可)
 (省略可)
管理者にだけ表示を許可する

 ホーム
copyright © 2007 こーどれす らいふ all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。