スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | コメント(-) | 編集

金毘羅岩、デジタルモザイク、大どんでん返し

2006/12/06(水) 23:32

今週末の天気は微妙そうなので、平日に強引に休みをとって、松ちゃん号の助手席の人となった。

快晴。日中の最高気温は小川町付近で13℃くらい。これより下がると岩が冷たすぎる。 こんなコンディションの日はもう今年はないかもしれない。

Newピョンピョンでアップを済ませ、 デジタルモザイク(13a)のヌンチャクかけ。4本目のクリップを楽にするために、 長いヌンチャクを継ぎ足す作戦を考えてきた。何故もっと早く思いつかなかったのだろう。ボルト位置がよろしくない場合、 スリング等で長さを調節するのは珍しい話ではない。クリップの数を増やすつもりはない。つまり、長く垂らした分、 微妙にランナウトするのは覚悟の上である。

さて、本気トライ。多少もたつきながらも4本目のクリップをこなして、核心のムーブ。欠けた右足のフットホールドが辛い。 たたらを踏む。左足が決まった。左手を遠いカンテ状にデッドポイント。止まった。右足を4本目のクリップホールドに乗せて立ちこむ。 右手がレストポイントに届いた。もらった。ここで十分に休めば、最上部のムーブは安定してこなせる。……と思った刹那、 突如として前のめりにフォールした。

目の前に垂れていたヌンチャクのカラビナに顎をぶつけたらしい。骨は大丈夫だろうか。松ちゃんが下から 「岩の欠片がパラパラ落ちてきましたよ」と声をかけてくる。ふと下を見ると、アッ!! 4本目のクリップホールドが消失して、 茶色い三角形の切断面が見えている。

松ちゃんが取っ付き付近でホールドの欠片を見つけた。

ホールドが壊れた跡
2006120601.jpg

取っ付きで見つけた欠片を合わせてみる
2006120602.jpg

しばし茫然。右足のフットホールドを克服した矢先に、さらなる試練。現在の実力でこなせるか試してみる気さえ失せた。 この岩場には他にも未登のルートがあるが、転進する気も起きない。松ちゃんのビレイに徹した。

モンスターパニックも十分には乾いていない。おまけに岩の冷たさで持久力を発揮しにくい。 松ちゃんは最後のボルトにクリップしたあと、最上部に突っ込み、終了点間際の数手でフォール。これ以上はない最高到達点を記録した。

今シーズンの金毘羅岩は終わった。二人とも同じ気持ちであった。

赤点クライマーの日々」に関連記事あり

<<  二子山、穴のムジナ、1.5回トライ  |  ホーム  |  二子山、ペトルーシュカ、撃沈  >>

コメント

きん: No title

ホールド欠落ですか。その落胆ぶり、お察し申し上げます。だけど、そこまで煮詰めたルート、また、トライしてください。リンクはらせて頂きました。宜しくお願いします。
2006/12/07(木) 08:54:37 | URL [ 編集]

無名クライマー: No title

きん様へ。煮詰めすぎて、焦げ付いてしまいました。忘れ物のクリップ棒、ありがとうございました。クリップ棒君もお礼を申しておりました。「ご主人様に置き去られて寂しい思いをした。でも戻った翌日にまた連れて行かれるとは思わなかったよ」
2006/12/07(木) 16:45:52 | URL [ 編集]

: No title

↑あははははは・・はぁ~ぁ・・・
2006/12/07(木) 23:33:30 | URL [ 編集]

無名クライマー: No title

土曜日は天気悪そう。室内ルートになりそうですね。
2006/12/08(金) 07:57:33 | URL [ 編集]

コメントの投稿

 (省略可)
 (省略可)
 (省略可)
管理者にだけ表示を許可する

 ホーム
copyright © 2007 こーどれす らいふ all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。