スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | コメント(-) | 編集

二子山、穴のムジナ、1.5回トライ

2006/12/16(土) 22:10

快晴。二子デビューの松ちゃんと。そう言う私も弓状エリアは3回目。前回より暖かく、岩の状態も良い。

祠エリアで2本アップして弓状エリアへ移動。順番待ちを避けるために、 トポでラインが独立して見える穴のムジナ(12c)を選んだが、 実際にはおいしいよー(12c)と1本目を共用する。打ち変えたのだろうか。

  • 1回目。3本目と4本目の間でテンション。ここが最初の核心。ルートの概要を把握するのが目的なので、 ヌンチャクを掴んで上に抜ける。 4本目と5本目の間、スラブ状のランナウトするセクションで長時間悩んだ。5本目と6本目の間、 クロスムーブが楽しい。けれど、取った先のホールドは悪い。6本目にクリップする余裕はない。デッドポイントでヌンチャクを掴む。 ハングドッグ用か。完登トライでは飛ばすのが正解だろう。やはり3本目と4本目の間がムーブの核心である。
  • 2回目。順番待ちが長く、日没間近。前にトライしていた方がヌンチャクを回収。本日最後のトライとする。 3本目と4本目の間を練習したら、残置カラビナを借用して降りるつもり。結局、解決できなかった。 おいしいよー側のコルネを限定すると、できる気がしない。 同じグレードのルートなので次回トライするときには使おう。

松ちゃんはホテル二子(11c)にトライ。こちらも順番待ちが多く、2回が精一杯。 登り足りない松ちゃんから「明日ジムでルートやりませんか」と意外なお誘い。

赤点クライマーの日々」に関連記事あり

<<  城山、偵察行1日目  |  ホーム  |  金毘羅岩、デジタルモザイク、大どんでん返し  >>

コメント

: No title

登り足りないどころか今週末は大充実でした。ありがとうございました。
来週も今回みたいなコンディションだと良いですね。
2006/12/17(日) 18:03:00 | URL [ 編集]

無名クライマー: No title

ひたむきな週末を共有したおかげで、夕陽に向かって走りたくなりました。
2006/12/17(日) 18:25:46 | URL [ 編集]

コメントの投稿

 (省略可)
 (省略可)
 (省略可)
管理者にだけ表示を許可する

 ホーム
copyright © 2007 こーどれす らいふ all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。