スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | コメント(-) | 編集

ひさしぶりのランナウト

2008/08/17(日) 23:56

ひさしぶりのランナウト(RunOut)。1年ぶりくらい。

▼霧雨の中

オーナーのヤマタケさんはその豪腕に似つかわしからぬ?マメな方なので、ホームページの写真で全容を知ることが出来る。父君のヤマジュンさんがROCK&SNOW第017号の連載「忘れられない山・人・酒」のなかで、ジム戦国時代の真っ只中に箱から建てる決断を書かれていた。

▼3階休憩室、漫画の品揃え

「月下の棋士」が渋い。

▼2階ボルダールームの壁以外

エアコンもキャンパスボードも完備。

▼1階ボルダールーム

コーナーにあったルーフ&マントル壁は潰されて、左側がどっかぶり&ゆるかぶり壁になった。正面壁と干渉しやすいので、混んでいるときは要注意。

テープ課題は足自由で、
 白: 9~10級
 黄: 7~8級
 赤: 5~6級
 緑: 3~4級
くらいに感じた。

以前は規格外のテープ課題も多かったけれど、マップ方式に統一されたらしい。白紙マップは壁の形状だけなので、設定者は使うホールドを自分で描き込む必要がある。

誰も見ようとしない課題帳があったので、手にとってみたら、アキトくんをはじめとする別格のクライマー諸氏の課題帳だ。他のジムでアキトくんの3級課題をさわったら、軽く初段以上の体感だったので、以後スルーする習慣がついた。今日もスルーしたのは言うまでもない。

此処のグレードは、古式ゆかしきフランスはフォンテーヌブロー(FB)方式。日本では希少種になったものの、本家と言えば本家。いくつか課題をやってみたところ、「ユーザー課題は辛い」の法則に見事に合致していた。得意系と思って選んだ課題で、アルファベット2つ分、つまり4グレードくらい辛いと感じた。

地下室時代(移転前)の常連さんとバッタリ会う。此処には滅多に来ないらしい。他の常連さんの消息など確かめ合う。昔の中核メンバ?で週に最低1回はジムか外岩に行くという人はめっきり少なくなった。私こそ希少種か。アイ・アム・レジェンド。

<<  地下室時代のランナウト  |  ホーム  |  御岳、遊歩道トラバース、玉の汗  >>

コメント

コメントの投稿

 (省略可)
 (省略可)
 (省略可)
管理者にだけ表示を許可する

 ホーム
copyright © 2007 こーどれす らいふ all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。