スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | コメント(-) | 編集

御岳、遊歩道トラバース往復、成功

2008/09/10(水) 23:33

ゲリラ豪雨はどこへやら、秋らしくなってきた。直射日光はまだ熱いものの、空気がカラッとしている。

御岳の遊歩道トラバースがやっと乾いた。満を持して、本日1トライ目。カンテを回り込んで、実質的には最後の1手、ガバカチを取るところで力尽きた。うーん、パンプすると此処がこんなに悪く感じるのか。

ルート全体のうち、左半分に難しいムーブが集中している。右半分はガバ地帯だ。右から左へのトラバースは、後半が難しくなる上に、ホールドのかかり具合も悪く感じる。 私の体感では、
・左→右: 5.11c/d
・右→左: 5.11d
といったところか。ましてや往復の場合、折り返し後だから余計パンプしている。

30分ほど休んでから2トライ目。まだ前腕が回復しきっていない。1回目でリズムを掴めたので大丈夫だろう。

ふぅー、成功。右半分のガバ地帯は足順を固めなかったのでバタバタしている。

ちなみに、ルートの真ん中にあるデカいガバ棚は使わなかった。此処を使うと、凹角に体を入れて思い切り休めそうな気がするので。


さて、全体のグレードは……。
・高度による恐怖感がない
・クリップ動作がない
・どこからでもムーブを探りやすい
という取り付きやすさのおかげで簡単に感じるけれど、肉体的疲労は5.12cくらいだと思う。

帰りがけ、忍者返しの岩をのぞいたら、「忍者返し」をトライしている方がお一人。今日初めてさわったとのこと。1手目がうまくとれない様子。

スタート右手の持ち方を助言。中指から小指の3本をそろえてジャミングする。小指側に倒して、多少ラップを利かせる。人差し指も少し離れた位置に突っ込む。このホールディングでド正対だと右肘が上がってしまうので、体を右に捻り、右肘をあまり曲げずに、左手を出す。

すると、1手目が安定してとれるようになった。「忍者返し」のデモンストレーションを頼まれたので、右手ガストン、右手送り、左手クロスまで披露して、飛び降りた。実は最上部のハンドサイズのクラックが苦手。と言うか、ハンドサイズのジャミングの仕方を知らない。数年前に完登したときには単なるレイバックで押し切った。いずれきちんとやらなくてはいけない。

<<  御岳、花言葉は「悲しい思い出」  |  ホーム  |  中山式快癒器で腰痛をやわらげる  >>

コメント

コメントの投稿

 (省略可)
 (省略可)
 (省略可)
管理者にだけ表示を許可する

 ホーム
copyright © 2007 こーどれす らいふ all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。