スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | コメント(-) | 編集

城山、トップ・オブ・ザ・ワールド、ワンテン

2006/12/29(金) 23:11

前夜発テント泊。快晴。松ちゃんと。ワイルドボアゴージに9時頃到着。

松ちゃんがファンタジーランド(10b/c)でアップ中、 30?はあろうかと思われる巨大フレークが崩落しそうになる。両腕でかかえてロワーダウン。先週末にはグラついていた程度だったが、 先日の大雨(と寒気による氷結、融解)で緩んだのだろうか。 右隣のラストショー(12a)からは日がな一日、シャワーが落ちていた。

オレゴン魂(12b/c)も雨水の通り道らしく、びしょ濡れ。 このルートは乾いていても岩が黒ずんでいる。前回さわったので決着をつけるつもりで来たけれど、他のルートに転進するしかない。

新しい標的は、トップ・オブ・ザ・ワールド(12d)。古いトポでは、 風の囁き(12b)とジゴロ(11b/c)の間に、 プロジェクトとして紹介されている。

1回目のトライで、一通りムーブを解決して終了点まで抜けた。4回目のトライでワンテン。 5本目のボルトで苦手なバックハンドクリップに手間取った。次回トライするときには自分でヌンチャクをかけたい。

赤点クライマーの日々」に関連記事あり。

<<  聖人岩、パルチザン、解禁そして解決  |  ホーム  |  城山、偵察行2日目  >>

コメント

コメントの投稿

 (省略可)
 (省略可)
 (省略可)
管理者にだけ表示を許可する

 ホーム
copyright © 2007 こーどれす らいふ all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。