聖人岩、パルチザン、解禁そして解決

2007/01/02(火) 21:59

アッキーと。曇りのち雨の予報。寒々とした一日を予想していたけれど、アップで手が凍えることもない。他には三人組の方達が、 貂が見ていた(11b)を代わる代わるトライしているくらいで、たおやかな登り初めである。

前回封印したパルチザン(12d)を早くも解禁。2本目のボルトにクリップしたあと、 貂が見ていた寄りのコルネを使って良いこととする。「厳しい2手」を保持し、 水平ポケットに右手を出そうかという体勢に持ち込む。左手がいまひとつ持ち切れておらず、なかなか発射できない。 右足アウトサイドで体が横倒し気味だし、フォールするとテラスのリップに激突しそうな気がする。

本日4回目のトライで水平ポケットをとらえた。もう1手、左手を縦ポケットに出すのが目標だったが、 3本目のヌンチャクを掴むのが精一杯。しばらくロープにぶら下がって休んだあと、水平ポケットから終了点までつなげた。 登るムーブだけで言えばワンテン。しかし3本目の厳しいクリップもこなさなくてはならない。嫌な予感。恒例のクリップ核心か。

貂が見ていたを登るクライマー、右側がパルチザン
2007010201s.jpg

<<  城山、トップ・オブ・ザ・ワールド、ダメダメな一日  |  ホーム  |  城山、トップ・オブ・ザ・ワールド、ワンテン  >>

コメント

コメントの投稿

 (省略可)
 (省略可)
 (省略可)
管理者にだけ表示を許可する

 ホーム
copyright © 2007 こーどれす らいふ all rights reserved.