スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | コメント(-) | 編集

城ヶ崎ボルダー、フナムシロックでDream Session

2008/12/19(金) 20:47

「モンスターマン」、今日も進展なく。

近くの平たい岩に腰掛けて、岬の釣り人を眺め、昼日中から黄昏れていたら、すぐ右上の断崖から声がかかった。
「マット、落としてもいいですか」
クライマーらしい人影。
「あっ、どうぞ」
お風呂マットを束ねたマットが投げ下ろされた。今の人はもしや……。

吉田和正さんその人であった。


昨日、昇仙峡から城ヶ崎に移動して、今シーズン初登りとのこと。いや~、平日に城ヶ崎の静かなエリアに通っていると、こんな日がいつか来るかもしれないと思っていたけれど、こんなに早く実現するなんて。

吉田さんからプロジェクト課題を「やってみませんか」とのお誘い。おいおい、天下の吉田さんとサシでセッションだぞ。ちょっとだけ触らせていただく。一見、ブランクセクションのようなフェースに点在するホールドをつなぐ面白いライン。やはり岩を見る目がちがうなぁ。

「マット1枚じゃ怖いでしょう」
とマットを貸してくれたので、私は再び「モンスターマン」に戻る。右手大穴へのランジは確率よく決まる。右足ヒールで左手の中継ホールドをとり、引き付けるだけ引き付けて、左手をデッドポイント……できず。何度となく繰り返した。せっかくマットが増えたのに心がブレーキをかけている。

<<  城ヶ崎ボルダー、フナムシロックで登り初め  |  ホーム  |  氷川屏風岩、オオスズメバチ?  >>

コメント

コメントの投稿

 (省略可)
 (省略可)
 (省略可)
管理者にだけ表示を許可する

 ホーム
copyright © 2007 こーどれす らいふ all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。