スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | コメント(-) | 編集

城ヶ崎ボルダー、バンブーロックに遊ぶ

2009/03/12(木) 20:19

グロッキーは英語でgroggyらしい。濁点がつくんだ。知らなかった。

ジャイアント馬場とデストロイヤーが闘っている時代の実況用語な今日この頃。リセットするために城ヶ崎へ強行軍。


フナムシロック。えらく潮が低い。大潮。されど正午に向かって急降下する日である。

ウォームアップで息切れする。いつもは課題を途中からトップアウトしてウォームアップ完了だけれど、トップアウトできるイメージは湧かず。こんなんで凝縮された2手をこなせるわけがない。右手大穴をさわってみたら、なんだか油っこい気がする。小指の付け根がぶつかるエッジのあたりが汚れている。血だ。ちょっとやそっとではない。スタートホールドにはパテを塗ったようにチョークが固まっている。週末の激戦の跡であろう。こりゃぁ、真水で洗うか何かしないと、きれいにならないぞ。

久しぶりにバンブー北の磯へ転進……と思ったら、あの家の庭先にバンが頭を突っ込んでいる。いつも通り抜ける脇道をきっちりふさいで。人がいる気配はないので、他の家を訪問した商用車かと思われる。正門をくぐって入る勇気はわかない。うっかり迷い込んだとは言えなくなってしまう。

未練がましく竹林に下りていく。なんとか迂回して行けないかな。いや、行けないことは、夏に偵察に来たときにわかっている。バンブーロックから畳岩に回ってみた。懸垂下降点が見える。こんなに潮が低くてもトラバースは無理。戻って、磯を見回してみると、ほどほどなボルダーが転がっている。と言うわけで、ここで遊ぶことにした。

磯の入り口から海をのぞむ

ふりかえって左側

ふりかえって右側

南側のボルダー

「からたけわり」。6a+(3級)くらい。ガバアンダーからSDスタート。

海側のボルダー

「太陽がいっぱい」。6b+(2級)くらい。もともと低くて狭いSDスタートが、ピンチフレークの崩壊により、もっと低くて狭くなった。小さい人には登りやすいかも。でも、たいてい波で濡れているだろうな。

両者ともチョーク跡は皆無。目立つ場所にあるので初登ではないであろうが、名前があったほうが愛着がわくと思う。お手ごろな課題なので、バンブーロックに行く機会があったらやってみてください。

目立つハイボルダー

うーん、これは登攀意欲をそそられること間違いなし。こちらにはチョーク跡あり。ルートグレードなら5.11前半と推定。マット1枚でボルダリングは怖い。登っているフリだけ。

<<  B-PUMP荻窪店、軽く登った翌日  |  ホーム  |  B-PUMP荻窪店、缶詰のふたをあけて  >>

コメント

コメントの投稿

 (省略可)
 (省略可)
 (省略可)
管理者にだけ表示を許可する

 ホーム
copyright © 2007 こーどれす らいふ all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。