白妙橋、トンネル岩トラバースSD

2009/07/05(日) 20:27


▼正面壁下部はぐっしょり




▼正面壁上部は乾いているが暑くてヌメりそう




▼ディンプルフェースは生乾き。遊べそう。




▼カワラフェースはぐっしょり




▼対岸の「モノローグ」はぐっしょり



氷山岩で遊ぶ。裏手の6級(黒本の8番)が面白かった。左手をカンテ、右手をフェースの中、足を平たい石に置いてスタートした。右手をダイナミックに飛ばす。



▼タメを作って




▼右手を飛ばす



それとも地ジャン課題なのか。下地が流されて低くなったのかもしれない。かなり低い位置にSDスタートに使えそうなホールドがある。1手目が左手アンダーガストン、2手目が右手アンダー寄せ、左手をカンテに飛ばして、6級につなげる……というムーブが思い浮かぶ。いかんせんスタートが低すぎる。あと30センチ高ければ、ゴキゲンな1級課題になりそうなのに。


トンネル岩の中を覗き込む。freefan(2009 Spring #059)によれば、「トンネル・ヴィジョン」(初段)は『なかなか今風でよかったのだが、トンネル内に木が詰まってしまい、今は3級くらい。』とのこと。確かにちょっとやそっとでは動かせない大木である。よくもまあ見事にはまったものだ。おまけにトンネル内部はびしょ濡れ。「トラヴァース」(2級)をやるか。しかし、どこからどうスタートするのかわからない。恨めしく岩を眺め回しているうち、足元のサイドガバにチョーク跡を発見。おっ、此処からSDスタートできるぞ。誰かやった人がいるのだろう。



サイドガバを両手でアンダー持ちしてスタートし、できるだけリップ下をトラバースして、左端にトップアウトする。たぶんスタート核心。もう少し左側にトップアウトしたかったけれど、なにしろホールドがしけしけで、背後の岩が尖っているので、安全を優先した。ビデオを見ると、スタートでシートに足が引っかかっているけれど、全く気づかなかった。ジムナスティックで面白い。掘り出し物だと思う。


<<  ムーブや手順のレミニセンス効果  |  ホーム  |  いざISARA  >>

コメント

コメントの投稿

 (省略可)
 (省略可)
 (省略可)
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cordlesslife.blog.fc2.com/tb.php/279-95f4947d
 ホーム
copyright © 2007 こーどれす らいふ all rights reserved.