スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | コメント(-) | 編集

無人島に一足だけクライミングシューズを持っていくとしたら

2007/02/12(月) 18:44

外岩ではもっぱらFIVE TENのアナサジ・ベルクロを愛用している。

本日、アナサジ・ベルクロ現行モデルを購入。ヒールカップにスリットが入り、フィット感が増したとのこと。靴型が変わったらしく、 従来モデルよりハーフサイズ小さめを選ぶと丁度良い。ベルクロの表面がベロア調になり、トウフックで滑りにくくなった。 5.10のロゴがくっきりと自己主張。

2007021201.jpg

いま履いているアナサジ・ベルクロはまだまだ保つけれど、例年、花崗岩シーズンを迎えると、サイズ切れで泣かされるので早目の処置である。

<<  グリップセイバープラスの代用品  |  ホーム  |  城山、冬の終わり  >>

コメント

コメントの投稿

 (省略可)
 (省略可)
 (省略可)
管理者にだけ表示を許可する

 ホーム
copyright © 2007 こーどれす らいふ all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。