白妙橋、氷山岩ハング

2009/10/18(日) 19:16

白妙橋ボルダー発掘シリーズ第2弾。「氷山岩ハング」。

左側のハング(黒本の#15 マントル 8級)下から、右手はサイドカチをアンダー持ちし、左手は50センチほど離れたカチを持って、SDスタート。右手を外傾カチで中継して、ガバへ飛ばす。ささやかながら、ジムナスティックなムーブを楽しめる。強い傾斜とダイナミックムーブのため、男子と女子とで難しさがちがうと思う。女子を想定すると、やさしめの2級(トンネル岩トラバースと同じくらい)といったところか。本当は右手ホールドに両手添えした体勢からスタートしたかったけれど腰が浮かなかった。すぐ近くに1手目の左手ホールドがあるので必然性が薄いし。

白妙橋にマットを背負って来たものの、なんだかやることがなくなってしまったら、やってみてください。ちなみに、白妙橋ボルダー発掘シリーズ第1弾は「トンネル岩トラバースSD」。

裏手の6級がもしや下地が低くなってSDスタートしやすく(タメを作りやすく)なっていないか覗き込む。昨日の雨のなごりで下地が濡れている。うーむ。「お豆ちゃん」は乾いているけれど、やっぱり自重しとこう。対岸の「モノローグ」が乾いているのを初めて見た。けど高いなぁ。

<<  コーヒーミルでパンプ解消  |  ホーム  |  城ヶ崎ボルダー、「小潮日和」と「文殊」  >>

コメント

コメントの投稿

 (省略可)
 (省略可)
 (省略可)
管理者にだけ表示を許可する

 ホーム
copyright © 2007 こーどれす らいふ all rights reserved.