城ヶ崎ボルダー、フナムシロック、「モンスターマン」

2009/11/29(日) 18:16

もはや自動化したムーブで富戸駅の改札口を出ると、吉田和正さんに声をかけられた。ビックリ。昨日、昇仙峡から伊豆へ移動されたことは知っていた。すぐに講習会だったんですね。漁り火ロックへ向かう御一行を見送って、独りでフナムシロックへ。

前日の天気予報は寒くなると告げていた。にもかかわらず、なんだか生暖かい。湿度が高い。風はある。岩をさわるまで状態がわからない。

着いてみると、ガーン。岩は部分的に黒ずんでいる。海の飛沫が風で運ばれてくる。天気は下り坂。悪くなる一方だ。

ウォームアップもそこそこにムーブの確認。途中からトップアウトのリハーサル。リップのスローパーを入念にチョークボールではたき、ブラッシング。

本気トライ開始。なかなか穴スローパーがしっかり止まらない。浅い保持だと、次の左手デッドポイントを出せない。捨て身で出せるほど手厚くマットを敷いていない。

数打ちゃ当たる。初めて左手デッドポイントまでつながった。後半はムーブを固めてあるのでノープロブレム。……と思いきや、下部でぐずぐずしている間に、リップがすっかり湿っていた。想定外。さっき塗り付けたチョークで余計すべる。下を見る。スリップしたら、あの岩に叩きつけられるのか。トホホ……。かなり迷ったつもりだったけれど、ビデオを見返すと、わずかな時間であった。

最後のハプニングのおかげで、より一層記憶に残る課題となった。初対面から完登まで終始、独りで対峙できたことを幸運に思う。

今更ながら、吉田さんのトポより引用。

モンスターマン 7b+(二段)
フナムシにはひとつ巨大なボルダーが転がっている。海側の前傾壁の大スローパーを両手スタート。下地に注意。これはよいものだ。

<<  城ヶ崎ボルダー、マット背負って散策だけ  |  ホーム  |  城ヶ崎ボルダー、「漁り火マントル」  >>

コメント

H山: No title

モンスターマンRPおめでとうございます。出だしのムーブはダイナミックで面白そうですね。最後は湿ったホールド押さえ込んでマントルですか…おそろしや。
2009/11/29(日) 22:43:36 | URL [ 編集]

無名のK: No title

H山さん、こんにちは。最後はシビレました。城山の箸休めにでもやってみてください。
2009/11/29(日) 23:47:27 | URL [ 編集]

ヘビークライマーきん: Re:濡れてる

おめでとうございます。「濡れてる」の赤字テロップ見て、思わず笑ってしまいました。下地考えると、ちょっと怖そうな課題ですね。
2009/11/30(月) 12:40:06 | URL [ 編集]

無名のK: No title

きん さん、こんにちは。笑いをとれるビデオに仕上がって作者冥利につきます。二子山の箸休めにでも(以下同文)。
2009/11/30(月) 20:30:57 | URL [ 編集]

トミー: No title

無名のKさん、始めまして。
最近、城ヶ崎ボルダーに通っているトミーと申します。
情報があまり無いので、無名のKさんのブログはとても参考になります。もしかしたら、11/15日にジャクソンでお会いしてませんか?間違えでしたらすみません。
モンスターマンおめでとうございます。
日曜はジャクソンにいましたが、あの条件の中、登ってしまうとはすごいです。次はどんな課題にチャレンジですか?
2009/12/02(水) 13:58:47 | URL [ 編集]

無名のK: No title

トミーさん、こんにちは。11/15にはジャクソンには行ってませんので、ちがう方だと思います。
城ヶ崎ボルダーはマイペースで遊べて、登れても登れなくても楽しいですね。吉田さんに教えていただいた未発表課題をそのうち紹介できるかもしれません。乞うご期待(!?)
もし城ヶ崎で怪しい単独ボルダラーを見かけたら(笑)、お声をかけてください。
2009/12/03(木) 00:05:06 | URL [ 編集]

コメントの投稿

 (省略可)
 (省略可)
 (省略可)
管理者にだけ表示を許可する

 ホーム
copyright © 2007 こーどれす らいふ all rights reserved.