スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | コメント(-) | 編集

池田フェース、撮影隊出動

2009/12/20(日) 19:23

日本101番目の岩場、池田フェースへ初めて。こーたろー さんが「ゴースト・ステップ」に王手をかけているので、この快晴続きの週末、あわよくば完登シーンを撮影しようかと。

▼御嶽駅をスタート


▼池田フェースに上がる分岐

▼ちょうど忍者岩を見下ろすあたり

▼途中の踏切

▼ユニークな看板を思わずパチリ

▼惣岳山へグイグイ進む

▼神社

▼ささやかなケルンを左側に見る

着いた。徒歩のアプローチは、北川の岩場より若干近いくらい。杉林の奥に黒々とした岩塊。登っていくと、取り付きで こーたろー さんが心做しか、しんみりとした表情で座っていた。パートナーはT越さん。


寒い朝一番、しかも自分たちだけだと、なかなか意気が上がらないんだよなぁ。順番待ちにならない程度に他のクライマーが居たほうがよい。

さて、お目当ての鏡のようにスッパリと切り立ったチャート。細かいホールドが苦手な人間にとっては背筋が凍るような光景である。この岩の節理には泥と苔が詰まりやすい。


今季は節理からの染み出しがなかなか止まらなかったそう。今日は良いコンディションだけれど、岩がちと冷たすぎる。

▼「ゴースト・ステップ」のこーたろー さん

私が去ったあと、2トライ目で核心ホールド(ボルト5本目付近)をとらえた。ワンテンで終了点を通過し、「スティンガー」につなげ、最上部でギブアップしたとのこと。S野保さんの査定は5.13bらしいこのルート、最上部までつなげたらさぞ充実することでしょう。

次に来るときにはロープを持ってこようっと。

林道の少し奥にボルダーで登れそうな岩があると聞いて行ってみた。トップアウトは泥に阻まれそう。取り付きは林道に向かって傾斜している。実質ハイボルダーだ。

<<  裏御岳から御岳へ  |  ホーム  |  城ヶ崎ボルダー、釣り師のいない土曜日  >>

コメント

こーたろー: No title

Kのアニキ ほんとに来るとは思わなかったぜ。1テンで抜けたけどまだまださ。ま、そろそろ登りてぇけどな。今度は道具を持っておいでよ。じゃ、またな。
2009/12/20(日) 22:15:57 | URL [ 編集]

無名のK: No title

こーたろー の兄弟、予想通り、指を鍛えるのに良さそうな岩場だな。気になっていたエリアを見て回れて良かったよ。
2009/12/20(日) 22:55:38 | URL [ 編集]

コメントの投稿

 (省略可)
 (省略可)
 (省略可)
管理者にだけ表示を許可する

 ホーム
copyright © 2007 こーどれす らいふ all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。