スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | コメント(-) | 編集

湯河原幕岩、正面壁ボルダーをめぐる

2010/01/31(日) 21:00

湯河原幕岩と馴染みになる。

貝殻岩前の梅はもう五分咲き。岩の照り返しのぶん暖かいせいだろうか。今日はボルダラーで賑わう。地面にはマットが所狭しと敷き詰められた。


裏手の「しとど」を探る。右手はカンテの四角く割れたピンチ、左手は縦ダイク状からSDスタートすることにした。1手目の左手2本指ポケットへ発射……できない。取れたとしてぇ、2手目の右手サイドを取っ……取れない。厳しい~ッ。気合いを発揮したいところだけれど、表側で和やかに楽しんでいる方達を慮って自粛する。

やはりマイペースで登れる静かな岩がいいな。午後が下り始めてから移動した。

正面壁エリアを品定めしながら登っていくと、丹沢広場に着いた。不老岩の「世附」は、ルートクライミングの方達が荷物を広げた場所の直下にある。おにぎり食べたり、お茶飲んだりしているところへトップアウトしたら、ギョッとされるにちがいない。

これも自粛だな。さて、どうしたものか……。思案する耳に、ひときわ賑やかな話し声が飛び込んできた。ありゃまあ、きんたろう さんじゃありませんか。奇遇ですね。今し方、「スパイダーマン」を完登したとのこと。おめでとうございます。お連れの方が盛んに「凄い、凄い」を連発されていた。本日1トライ目、2トライ目は冴えなかったのに、3トライ目で持ち前の常人離れしたパフォーマンスを繰り広げた模様。

遊歩道へ戻り、いちばん奥にある椿岩へ移動。路傍の小さな岩。此処にラインを見出したところに、役人さんのジャイアンツ愛……もとい、湯河原幕岩愛を感じます。「椿」は、小川山の「ミダラ」を彷彿とさせる内容。残念ながら岩が脆い。スタート面の右手で使う窪みは、保持するとパラパラと結晶が毀れる。ブラッシングすると、また毀れる。固めたくなりますね。可能性を感じたけれど、もう帰る時間であった。

<<  湯河原幕岩、貝殻岩ボルダー、長手物にいそしむ  |  ホーム  |  湯河原幕岩、貝殻岩ボルダー、「パイプライン」  >>

コメント

きんたろう: No title

お久しぶりでしたが、お元気そうで何より!
そして、本格的にボルダらーになっちゃったんですね!
ブログ大袈裟ですよ!!!!
ほんとぎりぎりRP出来たけど、
結構泣きごといいながらのトライで
お恥ずかしいばかりの状態でしたから…。
また、どこかでご一緒にルートトライしましょうね!!!
2010/02/02(火) 22:17:42 | URL [ 編集]

無名のK: No title

本格的、というほどには成りきれなくて、
ささやかな成果を記事にしては悦に入っています。
泣き言いいながら完登できるところが凄いです。
普通は泣き言がそのまま結果になりますからね。
2010/02/02(火) 23:43:39 | URL [ 編集]

コメントの投稿

 (省略可)
 (省略可)
 (省略可)
管理者にだけ表示を許可する

 ホーム
copyright © 2007 こーどれす らいふ all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。