クライミングジムのアイシング環境

2010/04/06(火) 23:00

ジムで登ったあと、なるべくアイシングするようにしている。行ったことのあるジムのアイシング環境を要素別に採点してみようか、なんて考えたけれど、差し障りがありそうなので、重要なチェックポイントと、それを満たしているジムについて。

【チェックポイント】
 (1) 氷が豊富である。
 (2) 落ち着いて座ってアイシングできる場所がある。
 (3) 肘まで浸かる深いバケツがある。

【満たしているジム】
 PUMP系は(1)(2)(3)とも素晴らしい。なにせ製氷機が置いてある。
 T-Wall系が二番手。(2)は申し分ないけれど、(1)(3)がやや負けている。
 小規模なジムではVACが健闘している。

いちおう冷蔵庫はあるけれど、あまりに氷が少なくて、使わせてもらうのが申し訳なかったり、そこを図々しく割り切るとしても、バケツがどこにも見当たらないケースはけっこうある。やっと見つけたバケツがモップを洗ったあとみたいに汚れていると悲しくなる。

ジム経営者の皆様、アイシング環境の充実をよろしくお願いします。

<<  湯河原幕岩、ここは夏の小川山か  |  ホーム  |  湯河原幕岩、桜の季節  >>

コメント

コメントの投稿

 (省略可)
 (省略可)
 (省略可)
管理者にだけ表示を許可する

 ホーム
copyright © 2007 こーどれす らいふ all rights reserved.