スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | コメント(-) | 編集

白妙橋、ジャングルジムで外岩復帰

2007/03/24(土) 19:45

仕事の忙しさと、怪我と、メインパートナー不在のため、一ヶ月間も外岩から遠ざかっていた。タイ旅行から戻った松ちゃんと白妙橋へ。灼熱の石灰岩で鍛えたパワーを見せてもらうべく。

正面壁はカラカラ。貸し切り。昼近くにN取さん御一行が見えたけれども、御一行が岩場の住人に等しいことを思えば、 終日貸し切りであったと言っても間違いではないであろう。

ジャングルジム(12d)をさわる。総合力を要求されるので、 実戦感覚を取り戻すには格好のルート。核心のランジは、久しぶりにやると一層の難しさを感じる。腱鞘炎が治っていないので、 トップアウトは1回にとどめて、前半の復習に専念。 前半だけでもウォー(12a)と同じスケールと難しさである。 1回目のワークアウトではウォームアップが不十分だったので、 5本目のボルトでわざとテンションをかけたものの、 あとの4回は中間部のガバまでテンションなし。上々の滑り出しである。

ジャングルジムのグレードは昔13a。チッピングでグレードダウンしたと聞く。 N取さんに事情をうかがった。

  • ランジ周辺のチッピングは埋めた。
  • 最上部、10本目のクリップホールドのあたりが開拓当時には外傾していたが、現在は持ちやすくなっている。

▼氷山岩ボルダーを見下ろす
2007032401s.jpg

<<  白妙橋、年度末クライミング  |  ホーム  |  腕を伸ばすといふこと  >>

コメント

コメントの投稿

 (省略可)
 (省略可)
 (省略可)
管理者にだけ表示を許可する

 ホーム
copyright © 2007 こーどれす らいふ all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。