B-PUMP荻窪店、脱・星一徹

2010/06/17(木) 23:32

週間天気予報を見ると傘マークがズラリ。平日カードを切ったものの、朝の窓から見上げる空はどんより。ま、昼間は晴れるんだろうけど。身体がぐったりしているため出発する気にならず。背中の痛みは気にならなくなったものの、深く息を吸いにくい状態は続いていて、睡眠時無呼吸症候群的な?

惰眠をむさぼってから、ホールド替えしたばかりのB-PUMP荻窪店へ。一階奥の「盃」と「蔵」で新鮮な課題にいそしむ。茶色テープ課題くらいまでひと通り一撃して上がるつもりだったけれど、奥壁の茶|で跳ね返された。本日のテーマが台無しになったので、通常のランダムモードに移行。今回のセットは、極端なムーブがなくて、グレーディングもマイルドになった模様。これはでもいいかな、という水色を2本、一撃できた。

本当か嘘か知らない話。 野球のキャッチャーがミットの詰め物を抜いて、捕球音がパーンと鳴るようにして、ピッチャーに「タマが走っている。調子が良い」と思わせてモチベーションを引き上げたとか。

あるいは短距離走者の練習。星一徹ならカール・ルイス養成ギブスを発明したり、上り坂をタイヤを引きずりながら走らせるんだろうけど、現実世界では下り坂を走ることによって実力以上の脚の回転を体感させて神経系を鍛錬するらしい。

何が言いたいかというと、調子が悪いときは、ぐいぐいと快調に登れる課題(たとえそれが錯覚でも)でモチベーションを上げることも必要なテクニックかな、と。

<<  B-PUMP荻窪店、落穂ひろい  |  ホーム  |  B-PUMP荻窪店、強制休養  >>

コメント

コメントの投稿

 (省略可)
 (省略可)
 (省略可)
管理者にだけ表示を許可する

 ホーム
copyright © 2007 こーどれす らいふ all rights reserved.