スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | コメント(-) | 編集

白妙橋、ジャングルジム、ランジの確率を高める

2007/04/07(土) 22:37

松ちゃんと。ダーティペア(10a)とお豆ちゃん(10c)でアップ。ジャングルジムに3~4回トライ。帰途、御用達のコンビニでアメリカンドックを頬張り、缶入りのブラックコーヒーを飲む……という行動パターンが定着した。

本日、この岩場を訪れたのは、N取さん御一行、Y野井さん御夫妻、そして我々。関東圏のクライマーは何処へ行ってしまったのだろう。

ジャングルジム(12d)。先週以上の不調(前腕の張り、腱鞘炎)にもかかわらず、中間部のレストポイントまでは自動化しているので何の問題もない。一度だけ、レストポイントからランジを止めるまでのシークエンスに成功した。ランジ単体に限っていえば、100パーセントの確率で成功した。手を出しさえすれば止まる。このイメージを大切にしたい。

松ちゃんはウォー(12a)に攻勢をかける。1回目のトライで、終了点のクリップホールドへ強引に飛びついたが、持った位置が悪かったらしく、クリップする余裕がなかった。2回目のトライでは、終了点のクリップホールドを安定して保持したが、ロープをたぐるあいだに力尽きた。クリップ核心党の次期党首に任命しよう。最後は私がそそのかすままジャングルジムに取り付き、ランジで思いもよらぬピンチホールドに飛びついて驚かせてくれた。

2007040701.jpg

<<  白妙橋、ジャングルジム、ワンテン  |  ホーム  |  白妙橋、年度末クライミング  >>

コメント

コメントの投稿

 (省略可)
 (省略可)
 (省略可)
管理者にだけ表示を許可する

 ホーム
copyright © 2007 こーどれす らいふ all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。