B-PUMP荻窪店、足腰で登る

2010/08/07(土) 22:44
ウォームアップで登れるがあるかと思えば、打ち込んでもリピートできないがあったり。

短期的にみると個人の体力には限界があって、最近は足腰を回復させるのが精一杯で、手指を回復させる余裕がないんだろう。夏のうちに体力の器を大きくして、秋からブレーク! となると良いのだけれど。

2階奥のハングした凹角にある緑↑。腰への負担が大きそうなので、指をくわえて見ていた課題である。腰を入れて左右のキョンを返すあたり、想像するだけでゲンナリした。今日ふと出来そうな気がした。やってみたら、完璧にスタティックに登れた。保持力の不足を足腰でカバーする登りなんて久しぶりだ。最近のストレッチングの効果か。狭いフットホールドへの足上げが楽になり、腰まわりの可動域が広くなったかも。

ところで、最近設置された足元の照明、角張っているので怖い。一度ならず踵をぶつけて生傷をこさえた。特にスタート付近がダイナミックで、怪我する可能性を感じる課題はやらないようになった。外岩では多少の危険を織り込んで登るけれど、ジムで怪我するのは馬鹿らしい。

<<  高尾山、体力測定その3  |  ホーム  |  B-PUMP荻窪店、ダラダラー  >>

コメント

コミ: No title

たしかにジムでそんなケガするのは馬鹿らしいですね。
これからは、ジムにパッド担いで行かなきゃってことにならなきゃいいですが(笑)
今日のコミたちボルダリングは「ダラダラー」の話題で持ちきりでした(笑)
2010/08/07(土) 23:00:33 | URL [ 編集]

無名のK: No title

そうか、マットを持っていけばいいですね。
……じゃなくて。
「ダラダラー」流行ったりして。
2010/08/07(土) 23:19:22 | URL [ 編集]

コメントの投稿

 (省略可)
 (省略可)
 (省略可)
管理者にだけ表示を許可する

 ホーム
copyright © 2007 こーどれす らいふ all rights reserved.