B-PUMP荻窪店、体幹が疲れる

2010/08/16(月) 23:00

徳沢では「固めのお風呂マット」を背中に敷いたら、よく眠れなかった。かえって疲れた気がする。

ゲッソリしているけれど、とりあえずジムダラー復帰。手指には「たまりバネ」があったのか、思ったより登れた。

やはりヒール掻き込みはダメダメ。力を入れてるつもりなのに、身体が上がっていかない。もう何年もろくすっぽ使っていなかった筋肉だから、力の入れ方を忘れている感じ。無意識のうちに「痛いからやめとけ」とブレーキをかけているのかもしれない。実際、本気で使ったら痛いんだろう。

日常生活で床からモノを拾うときに、腰から背中をわずかに丸めて取れるようになった。過去数年、完全に膝を曲げて(尻を踵につけて)上体は立てたままでないと取れなかったのである。すると、背中のどこか奥のほうが疲れるようになった。疲れるってことは、使えてるってことなんだろう。弱体化した筋肉に活が入りつつあるとしたら良い兆候だ。

ジム帰り、駅のホームで電車を待つ間、上体を直立させておくのがしんどくて、柱に寄りかかったりした。時間がかかりそう。

<<  B-PUMP荻窪店、引きながら押す  |  ホーム  |  久しぶりのテント山行、されど徳沢で2泊しただけ  >>

コメント

コメントの投稿

 (省略可)
 (省略可)
 (省略可)
管理者にだけ表示を許可する

 ホーム
copyright © 2007 こーどれす らいふ all rights reserved.