スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | コメント(-) | 編集

とある岩場でフライング

2010/08/29(日) 21:41

近場へ。陽当たりが悪いので結露しにくいのが救い。朝方は横から日が差して暑く、蚊が多い。日が高くなると翳り、蚊も少なくなった。

とは言え、戦意喪失なじっとり感は変わらず。去年この時期に登っていたけれど、今年は気温が5℃高い。ここ最近のグダグダ感を忠実に反映して、やさしめの課題さえ登れず。指皮を消耗しただけ。

でも、やっぱりいいな、この感じ。止まりそうで止まらなくて、マットに叩きつけられる感じ。

体調を整えるのが先決か。明らかに回復が追いついてない。猛暑で消耗しているのに、よりによって前日に足腰をいじめたら登れるわけない。山歩きのほうの調子を上げたくもあり、悩ましいところ。

<<  B-PUMP荻窪店、ほぐすだけのつもりが頑張る  |  ホーム  |  高尾山、体力測定その5  >>

コメント

H山: No title

Team5.10の外での具合はいかがでしたか?
2010/08/29(日) 22:39:10 | URL [ 編集]

無名のK: No title

H山さん、こんにちは。さすが目の付け所が違いますね。(笑)
シーズンオフ少し前から、アナサジ・ベルクロ&Team5.10体制を敷いてます。掻き込めるし、トウフックもガツガツと。細めのヒールは狭いホールドに掛けやすく。全方位に良いと思います。拘束感が強いので、長く履いたあとは裸足の指がターンインするのがマゾヒスティックですね。
2010/08/29(日) 22:54:57 | URL [ 編集]

コメントの投稿

 (省略可)
 (省略可)
 (省略可)
管理者にだけ表示を許可する

 ホーム
copyright © 2007 こーどれす らいふ all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。