スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | コメント(-) | 編集

小川山、犬岩、「犬小屋」追加情報

2010/10/01(金) 19:48

犬小屋」のラインについて調べてみた。ROCK&SNOW第016号のクロニクルに記載あり。

犬小屋SD 二段 02年4月6日
犬岩のルーフ奥のホールドからスタートして、「YMルーフ」につなげる。
次の機会があれば、やってみよう。直上マントルだと、ラインが短くなる代わりにムーブはきつくなる。どちらも同じくらいの難しさだと思う。

スタートの足技、左手の激カチ、右手の中継、デッドポイント、そしてトラバース(もしくはマントル)……と、短い中にぎっしり詰まった面白い課題である。ムーブだけ考えると、やさしく感じる人が多いようだ。でも、室井登喜男さんの課題ですからね。ぶ厚いマットを使わない前提のグレーディングである。足のほうが完全にロックした状態でリップへのデッドポイントを失敗すると、ものの見事に背中(頭)から地面に落ちる。受け身をとる余裕はない。見た目の高さがないので侮りがちだけれど、マットのあるなしで体感する難しさが違う典型ではないだろうか。

この課題のせいでTeam5.10のインサイドが少し剥がれてしまった。傷が浅いうちに処置しないと、悪化する一方だ。こういう場合、どんな接着剤をどう使えばよいのだろう。たいていアロンアルファをちょい塗りするのだけれど、柔軟性がないので再度割れやすいんだよなぁ。

<<  城ヶ崎ボルダー、漁り火ロック、「車輪の下」  |  ホーム  |  小川山、チンタラー奮闘す  >>

コメント

コメントの投稿

 (省略可)
 (省略可)
 (省略可)
管理者にだけ表示を許可する

 ホーム
copyright © 2007 こーどれす らいふ all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。