スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | コメント(-) | 編集

はじめてのBase Camp

2010/11/16(火) 20:49

週末天気が崩れそうなので、強引に平日休みをとったものの、早朝起きたとき、なんだか自分の酔狂さに自分で鼻白み、二度寝を決め込んでしまった。昼ごろ起きたら、予報通りピンと空気が張り詰めた快晴。やはり行くべきだった。悔やんでも仕方が無いので昼間のジムへ。PUMP2で古い岩雪を読むとするか。駅まで歩く途中、今ひとつ意気が上がらない。そうだ、Base Campに行こう。夏にオープンしたけれど、暑いという噂だったので行きそびれていた。

武蔵藤沢駅西口から歩き始めると、スマートフォンのGPSに投影された自分はあさっての方向(南西)に行きかけている。交番を過ぎてすぐの交差点を右折するのが正解。あとで聞いた話によれば、一時間くらい道に迷ってからジムに到着する人がいるとか。このあたりは道が斜めに走っているので、方向感覚が狂いやすい。あとは道なりに行けば、途中道が細くなって一瞬戸惑いつつ、やがてT字路に突き当たる。左折してすぐ。道路の向かい側にスーパーアルプスがある。


▼更衣室。奥に有料のシャワー室あり。

▼更衣室の前。吹き抜けの2階フロアは広々しておりストレッチングしやすそう。

▼2階フロアから壁をパノラマで見る。

▼奥から玄関方向をパノラマで見る。

▼貴重品ロッカあり。

▼そろそろストーブが恋しくなる。

▼テープ課題の色はPUMP系と同じ。

▼ガラス張りの休憩室。レンタルシューズは当然ボリエール。


▼トイレ、洗面所は美麗。

▼自販機にブラックコーヒーは必須だよな。

広大な空間にリード壁とボルダー壁が同居しているところはストーンマジックと似ている。壁の面積や傾斜は上回っている。リード壁には余分なホールドが付いていない。そして、ひとつの課題が同じ色のホールドで統一されている。利用者にはとてもわかりやすい。セッターにとっても、必要最小限のホールドを付ければよく、テープのメンテナンスが不要なので、意外と手間を省けるのではなかろうか。

さて、自分の登りのほうは水色テープ課題をひとつ完登したのがベストバウト。店長さんが作ったばかりの3級(!?)で撃沈して終了。

<<  城ヶ崎ボルダー、フナムシロック南の岬、「イソノサザエ」  |  ホーム  |  城ヶ崎ボルダー、とあるルーフ、未登ラインを探る  >>

コメント

コメントの投稿

 (省略可)
 (省略可)
 (省略可)
管理者にだけ表示を許可する

 ホーム
copyright © 2007 こーどれす らいふ all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。