スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | コメント(-) | 編集

湯河原幕岩、2011年の登り初め

2011/01/01(土) 23:33

元旦早々、出陣。

梅林ボルダーに慣れてきたところで、満を持して「木漏れ日」を登る。

下地が後ろ下がりになっているので、もし墜ちると見た目よりも高さがあり、おまけに後頭部から地面に打ち据えられるおそれがある。ボルトの上のガバカチを取るのが核心。役人さんは右手出しだった。コミさんは左手出し。コミさんは右手の丸いピンチ(左手の丸いピンチと似ている)が限定かどうか気にしていたけれど、右足を壁の真ん中の大きなフレーク状まで出していいとしたら、それより手前のホールドは全然問題ないと思う。さすがに縦ガバはダメだろうけど。と言いながら、私は出来るだけ少ないホールドに限定して登りたかったので、右手出しになった。次に、役人さんは確か左上の穴をガストンで持った。えっ、こんな悪い穴、持てない。急遽、クロスで奥のカチを取る。身体が伸び切ったので足が切れる。左カンテも出来るだけ限定して登りたかったけれど、さすがに最上部のカンテは使わざるを得なかった。核心を越えたあとは、あまり限定しなくてよいと思う。

本日のノルマ達成。めでたしめでたし。

貝殻岩に移動し、一年前にヘンテコなムーブでヘンテコなラインを登った「パイプライン」を再登した。

さて、他の岩に移動しようかと思っていたら、家族連れボルダラーが登ってきた。挨拶しながら首をかしげる。あっれー、もしかして。
「O石くん?」
10年ぶりくらいじゃないかな。地下室時代のランナウトで顔見知りである。ヤマケイ、ロクスノ方面でときどき名前を見ていた。奥様はなんとヒ○ミちゃんじゃありませんか。O石くんが子供をあやす姿はすっかり良いパパで微笑ましかった。「サブウェイ」のムーブを伝授して差し上げたら、いたくお気に召したようで、他の課題には目もくれず。「通ってでも登りたいなぁ」とのこと。

私はとある岩のプロジェクトで、おっ、想定外のムーブで登れそうだ、と鼻息が荒くなり、ついつい暗くなるまで。結局、完登できなかったけれど、次回に期待したい。

元旦早々、残念なことを少し書いておく。これまでこの岩場に通ったなかで、チョーク跡やティックマークの跡がいちばんひどかった。消しきれなかったというレベルではなく、ブラシのひと掃きもしていないレベルだ。今日、目に付いた場所は出来るだけ掃除したけれど、立ち寄らなかった岩はどうなっていることやら。

<<  B-PUMP荻窪店、2011年の登り初め  |  ホーム  |  2010年を振り返る  >>

コメント

コミ: No title

あけましておめでとうございます!
今年も色々お世話になりたいので、よろしくお願いします(笑)。
湯河原、チョーク跡はひどかったですね。梅林ボルダーは見たことないほどみすぼらしくなってしまって、ケーコさんとともに掃除をしたんですが。。。ケーコさんも『岩がかわいそう』と言っていました。そんなこと言いつつ、河原は最後掃除をしなかったので反省しています。少し、意識高く行動していけるようにします。
2011/01/02(日) 20:56:51 | URL [ 編集]

無名のK: No title

コミさん、明けましておめでとうございます。
今年もまだまだお会いしそうな気がいたします。(笑)
年末年始、人が多く入ると、落としきれないチョーク跡が広がるのはある程度仕方がないと思います。でも、ホールドに粉の塊が乗っていたり、濃く太いティックマークが放置されているのは残念ですね。自分も後始末を忘れることのないよう気をつけようと思います。
2011/01/02(日) 21:51:11 | URL [ 編集]

役人: あらら

さくって登っちゃったみたいです。
僕が考えていたのとムーブは全然ちがうのですが・・・・
この登りなら登れそうですが。う~ん、そうきたか~という感じです。
重なり岩と河原岩の間のルーフクラックを掃除しときました。
2011/01/04(火) 19:31:41 | URL [ 編集]

無名のK: No title

役人さん、こんにちは。
想定外のムーブがありそうでしたからね。
私は初段くらいのムーブを発見しましたので、
次の機会にやってみます。
2011/01/04(火) 20:06:59 | URL [ 編集]

コメントの投稿

 (省略可)
 (省略可)
 (省略可)
管理者にだけ表示を許可する

 ホーム
copyright © 2007 こーどれす らいふ all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。