スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | コメント(-) | 編集

御岳、杣の小橋エリア、E岩21番

2011/01/30(日) 23:11

ウォームアップのつもりがビビりまくり。下地が悪いので絶対に落ちられない。5級だけれど精神グレードは高い。

2級のラインは不明。右に寄り過ぎると、ホールドがなくなる。左寄りのガバカチだけ限定するのだろうか。

日影岩の遊歩道側には看板はあるものの柵はなかった。「彩雨」を登ったときのことを思い出す。美術館の門の真ん前で、特に春秋は人通りが多い。係員らしき人が中から出てきて怪訝そうにこちらを見ていたり、観光客が立ち止まったりすると、私はマットにどかりと腰を下ろして、ハイカーが暢気にくつろいでいる風をよそおった。こんな場所でくつろぐハイカーなんて居ませんて(笑)。そして、人がいなくなるのを見計らって、ささっとトライした。そうした配慮が必要な場所だと思った。

「嶺の夕」は岩盤が崩落した跡に出現した課題である。詳しくは知らないけれど、大きな爪痕を残した2007年秋の台風の仕業だろうか。課題はロクスノ40号(2008年夏)で発表された。たしかに横から見ると、もう一枚、分厚いのが剥がれそうな亀裂がある。

御岳橋の橋桁にはツララが発達していた。登れません。念のため。

寒さに耐えかねて、鵜の瀬岩へ移動。1級(通称「立ち鵜」)を登る。4~5年前に一撃した課題である。その時はやや左側に離れたホールドをひとつ使った。そうしないと自分には右足の立ち込みが狭いのである。今日はホールドを限定し、あえて狭い体勢でやった。

2つ登っただけで帰宅。シャワーを浴びて、ジムに行った。

うーん、やはり冬場は伊豆方面が良いなぁ。

<<  B-PUMP荻窪店、なけなしの保持力  |  ホーム  |  SONY ウォークマン NW-S754  >>

コメント

H山: No title

Kさんが御嶽とは意外な気がしました。最近の週末の御嶽は人(ボルダラー)の出がすごいみたいですね。配慮、たしかに。
2011/01/31(月) 22:17:19 | URL [ 編集]

無名のK: No title

御岳に行っても、やっぱり人がいない岩を登っています。
2011/01/31(月) 22:46:48 | URL [ 編集]

コミ: No title

まさかの御岳ですね!
のんきにハイカーのふりをしているK師を想像したら、とても微笑ましかったです(笑)。
2011/02/03(木) 21:39:28 | URL [ 編集]

無名のK: No title

隠密行動が好きなんです。
2011/02/04(金) 00:14:16 | URL [ 編集]

コメントの投稿

 (省略可)
 (省略可)
 (省略可)
管理者にだけ表示を許可する

 ホーム
copyright © 2007 こーどれす らいふ all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。