スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | コメント(-) | 編集

太刀岡山、爽やかで億劫な一日

2007/06/17(日) 23:00

松ちゃんと。タイヤを新調した松ちゃん号で。松ちゃん号の足取りは軽いけれど、私の足取りは重い。腰痛で平坦地を歩くのさえ辛く、昨日整骨院に行ったばかり。クライミングなんぞしている場合ではないのかもしれない。カラっとした爽やかな一日。写真の一枚も撮りたかったが、ちょっとした起居動作も億劫なので、ザックに屈みこんでカメラを取り出すきっかけを掴めなかった。

懲りもせずカリスマ(13a)。1回目のトライでは、痛いムーブがないか確かめながらトップアウト。いちおう2テン。2回目は本気トライ。5本目のクリップホールドを左手でとらえたが、いいところを持ちすぎたため、右手に持ち返る余裕がなく、2本目のボルト近くまでフォール。松ちゃんが思い切りロープを流してくれたので、腰へのショックはなかった。5本目のクリップが出来れば、完登トライとなり得ただけに残念。3回目は、西日がカンカンに照りつける中、外傾ホールドの異様なヌメりを感じて早めにギブアップ。これは完全なる無駄打ちであり、次のトライに影響した。日が傾いて涼しくなってから最終トライ。4本目のクリップホールドを持ち替えたあたりで前腕が終わっていた。最近ジムでも腰痛のせいであまり登れないので、トレーニング不足であろう。

松ちゃんはミストラル(12a/b)に攻勢をかけた。この一手をしっかり止めれば実質終わりというところで体の振られをこらえられずにフォール。

<<  北川の岩場、秋葉大権現、腐れ縁を絶つ  |  ホーム  |  北川の岩場、梅雨のはしり  >>

コメント

コメントの投稿

 (省略可)
 (省略可)
 (省略可)
管理者にだけ表示を許可する

 ホーム
copyright © 2007 こーどれす らいふ all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。