スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | コメント(-) | 編集

小川山ボルダーで変態ムーブを楽しむ

2011/05/04(水) 21:00

金峰山荘横の車道がきれいに舗装されていた。ここのデコボコ、車を運転する人間には剣呑だったんだよね。

まず石楠花遊歩道エリアへ。一筆岩でウォームアップ。左端の4級で久しぶりの花崗岩スラブの感触を味わう。「達筆」で悩む。切り株に乗ってスタートしたくなる。はてさて。ま、いいか、アップだし。……って難しいじゃん! いきなり猫パンチをかまして流血。意気阻喪。そして、アナサジ・ベルクロを持ってこなかったことを激しく後悔。アローヘッドだと細かいのに乗りにくいと今さら気づく。

そこに単独の美女ボルダラーあらわる。
「これ登ったことあります?」ときいてみる。
「はい」
「切り株、使っていいんですかね」
「どうだったかな。使わなかったんじゃ」
「トポには取り付きに切り株が描いてありますね。使っていいという意味なのか、単なる目印なのか」
「あ、ほんまや」
関西からいらしたようです。ロンサムな女子ボルダラー、いいですねぇ。

私は切り株OKバージョンで完登。流れ岩方面に移動。有名課題をさわってみようかと目論んでいたけれど、続々とボルダラーが到着する様子を見て、小心者は地味な課題で遊ぶことに。

流れ岩の「流れの中に」。予備知識なしの私が第一感でやったムーブは……。

ふぅー。さすが1級だ。エグいアンダーガストンだなぁ。足上げが狭い。マントル怖ッ。荷物を置いた場所に戻ってジュースを飲んでいると、おっ、誰か登り始めた。リピートみたいだ。え? スタートホールドに手に足でスルスルっと。な、なんですとぉ。

私はかなり難しく登った模様。こんな変態ムーブ、普通しないか。……と思ったら、最近、同じムーブで登った人がいた。類は友を呼ぶ。

魚岩へ移動。「御頭SD」。これは傾斜があり、握れるホールドがある好きなタイプの課題。

出来ず。クラック左側のガバ地帯をさわっていいなら出来ると思うけど。使わずに登れそうな気がする。こだわってみようか。と言っても、小川山にはあまり来なかったりして。

水晶スラブ下ボルダーへ移動。賑わっている。が、ポツンと空き家の岩がある。角岩。ほどほどにかぶっていて、ほどほどの高さで、ほどほどにホールドがある。なのに誰も登らないってことは……。

理不尽系であった。ドンキー岩の「緑の手」も辛いと思ったけれど、「ヒッパルコス」はその上を行くかもしれない。いずれSDスタートをやりたいので、やや低い位置にある左手の薄いサイドカチと、右手のサイドガバカチでスタートしてみた。地ジャン気味にアンダーピンチをとる。取り損ねると、指先をジャリッと消耗する。細かいエッジを拾って右足を高めに上げ……、地蔵と化す。……の繰り返し。取り損ねて、もんどり打って、斜面をズダダーッと落ちたりした。にわかに脚光を浴びて、ちょんの間トライする人もあらわれたり。結局登れず。

この時期に小川山ボルダーに来たのは初めて。暖かくて、乾燥していて、白樺林は明るくて、快適であった。

<<  小川山ボルダー、流れ岩、「流れの中に」  |  ホーム  |  入山届  >>

コメント

コミ: No title

変態ムーヴ仲間です(笑)。
誰もが手に足だったので、ちょっと不安でしたが安心しました(苦笑)。
達筆、悩みましたよ。
切り株ありかぁ~。無しだと3級じゃ済まない気もしますね。
ヒッパルコスはdekaabeさんも面白いけど登れない変態ムーヴって言っていました(苦笑)。
それにしても、予感はありましたが小川山とは。
2011/05/04(水) 22:29:21 | URL [ 編集]

無名のK: No title

マニュアルどおりにさらっと登るも良し、悩んでオリジナルムーブで登るも楽し、ですね。
2011/05/05(木) 07:15:15 | URL [ 編集]

コメントの投稿

 (省略可)
 (省略可)
 (省略可)
管理者にだけ表示を許可する

 ホーム
copyright © 2007 こーどれす らいふ all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。