スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | コメント(-) | 編集

小川山、ゴジラ岩の洗礼

2007/06/30(土) 19:02

松ちゃんと。昨年12月以来の一泊二日クライミング。廻り目平をあとにして林道をたどる。フェニックスの大岩を過ぎて最初の大沢出合いから、どんよりとガスに煙る岩峰が見える。

2007063001.jpg

ケルンや、赤黄色のビニールテープを頼りに樹林帯を登り詰めると、ゴジラ岩火星人のコルに出る。ゴジラ岩の正面へは裏手から西側を巻く。突如開ける視界。横一文字のテラス。そそり立つ薄被りのフェース。

2007063002.jpg

数年前に此処を訪れたことがある。土地勘もなく、火星人とのコルを通り過ぎて、反対側の斜面へ下り始めた。おかしいな、と思ってコルへ引き返し、ふと顔を上げたら、目の前に火星人のフェースが広がっていた。ウォーミングアップをしようとしたら雨が降り出したので下山。帰りがけの駄賃にゴジラ岩の脇から顔を突き出し、露出感あふれるテラスと峻立するフェースに畏れ入って、踝を返したのであった。

今シーズン初の花崗岩。いきなり、ちゃびんば(13a)に取り付く。

1本目は木に登ってプリクリップする。すぐに極小エッジの核心となるので後ろの木に注意。(Rock&Snow No.3)

湿度が高い。2本目のクリップホールドにデッドポイントしようとすると、保持した指先が弾かれそう。腰痛のため足腰を最大限に生かしたムーブも出来ない。固執せずスキップを決め込む。中間部は多少ムーブらしきものが出来た。なんとか最上部に辿り着いてみたら、いやはや本当の核心は最上部ではなかろうか。5本目をどうやってクリップするのか。ミリカチで決死のクリップ? クリップできたとして、ガバまでどうやって辿り着くのか。手も足も乏し過ぎる。仮にガバに辿り着いたとして、リップはやけに遠く、そして外傾している……。

2007063003.jpg

2トライしたあと長い休憩をとった。15時頃、雲間から太陽が覗く。あれれ。太陽の角度からすると、ゴジラ岩は完全に南向きではないか。真夏、遮るもののない壁で、クライマーの指はミリカチに弾かれ、ビレイヤーともども日干しになってしまうにちがいない。

「こりゃー、春か秋の岩場だね」

3トライ目で終了点まで乗っ越した。終了点のボルトは貧弱で、残置スリングは痛んでいる。120センチのスリング2本と、ヌンチャク1枚でバックアップして、ロワーダウン。このルートに関する限り、裏から回って簡単に回収できる。

松ちゃんは無職の夏休み(12b)にトライ。やはり最上部のスラブが難しそう。けれども、ある理由から妙に気に入ったようである。

<<  太刀岡山、暗く濡れたハサミ岩  |  ホーム  |  北川の岩場、秋葉大権現、腐れ縁を絶つ  >>

コメント

コメントの投稿

 (省略可)
 (省略可)
 (省略可)
管理者にだけ表示を許可する

 ホーム
copyright © 2007 こーどれす らいふ all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。