奥日原の小さな矢印

2011/09/10(土) 23:20

奥日原という呼び方は良いな。大沢や白妙橋周辺とはちがう隔絶感があるのはたしかだ。ロクスノ53号でお披露目されたばかりだから人が多そう。いや逆に、みんながそう考えれば敬遠されるかもしれない。渡渉もあるし。

右顧左眄しながら行ってみた。

雨雲岩を目指すと、いきなりガツンと来た。


支流に架かる朽ちかけた木の橋。苔むして濡れて傾いでいる。四つん這いになって進んだ。板の端っ子を掴むと、ボロボロと崩れた。背中のPusher The Spotが覆いかぶさった樹の枝に引っかかって往生する。普通のマットだと渡らなかったかもしれない。

水量が多いので冒険したけれど、最適なシーズンには河原を歩くか、浅い渡渉ですむのだろう。ロクスノの写真とはちがい、雨雲岩に近づくにも渡渉が必要であった。

▼上流面

▼下流面

壁が川面の反射でテカテカしてるな、と思ったら、真夏日の気温と湿度でガッツリ結露していた。最高気温が25度を下回ったら、また来よう。

▼石灰岩特有のノブ

▼対岸にもお手頃サイズの岩

谷をさまよう。遊べそうな岩ありますね。

とある岩で小さな矢印を見つけた。

<<  夏は終わらない  |  ホーム  |  むかし道ボルダー、濁流  >>

コメント

コメントの投稿

 (省略可)
 (省略可)
 (省略可)
管理者にだけ表示を許可する

 ホーム
copyright © 2007 こーどれす らいふ all rights reserved.