スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | コメント(-) | 編集

とある河原のボルダー、バックスラッシュの岩

2011/10/02(日) 21:58

肌寒いくらいの陽気。待望の。東京の西のほうをウロチョロ。懸案の課題をさわってみた。前に出来たムーブが出来ない。湿度が高いせい? 保持力が落ちてるんだ。外岩で遊びながら自然と上向くと良いな。

岩探しの旅へ。とある河原で120度くらいに被った良い岩を見つけた。チョーク跡はきれいに洗い流されているものの、使えそうなホールドは掃除された形跡があり。

左寄りのアンダー地帯からSDスタートできそう。……と思いきや、初手だけで初段ありそう。初手が取れたとしてぇ。

DSC-WX30の初動画である。鳥のさえずりが聞こえる。DSC-HX5Vより断然音が良い。というか、これが普通だよな。

この課題は低くて迫力がないけれど、エアリーだ。岩の上は苔むして、枯葉が堆積している。マントルで苦戦。3級+だと思う。

右のカンテから左上するクラックをたどるラインは初~二段か。

ここは近い。寝坊した日に良い。

<<  小川山ボルダー、指裂け男の逆襲  |  ホーム  |  UltraPod Mini  >>

コメント

コメントの投稿

 (省略可)
 (省略可)
 (省略可)
管理者にだけ表示を許可する

 ホーム
copyright © 2007 こーどれす らいふ all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。