城ヶ崎、はしだて北の磯、「ブルシット」他

2012/02/19(日) 23:29

現代のニーズにマッチしたラインは見いだせませんでした、なんて書いたけれど、吉田さんスクールが訪れたあとにはしっかり課題が設定されるのであった。

▼吉田さん設定の「アメフラシ」(左5級、右6級)

波模様のホールドがパツンと毀れて、初っ端から落ちそうになった。

▼吉田さん設定の「海坊主」(4級)

右カンテのフットホールドを限定すると難しそう。ペタシだけで登ると、4級ではすまないと思いました。

▼まい さん設定の「メルカトル」(3級)

まい さんがトライしてたライン。登っちゃいました。ゴメンナサイ。ジムナスティックに身体を動かせる良い課題です。

▼吉田さん設定のルーフクラック出口ボルダー(3級)

名前はないらしい。極私的に「モルワイデ」と呼ばせてもらうことにします。

▼吉田さん設定の「ロー ラティチュード」(1級/初段?)

マットなしで。どのみち全体には敷けない。剣山みたいな下地なので、背中から落ちたらどエライことになる。一撃に成功。

本日の本命は吉田さん初登の「ブルシット」である。

甘いリップと甘いピンチからスローパーへのランジが核心、あきらめかけたが、まてよ、とやった首マッサージがきいたか、4回目に登れた。(ブルシット 7b/7b+ 初/2段) 2012/1/29
下地には平たい鋭利な岩がいっぱい。迷わずマットを使う(笑)。が、いちど振られ落ちして、マットを踏み外し、痛い目に合った。大事には至らなかった。ここで腰が引けたら登れない。距離感を掴むために、スローパーへタッチだけして、落ちる位置を十分に確認したのち……。

スローパーを右手で止めたあと、左手をマッチして、右カンテに重心が寄る。ここで落ちると、突き出た岩の段差にぶつかる。慎重にトップアウトした。

まだ触っていない課題があるけれど、次の機会に取っておこう。ギクシャクする腰と膝をいたわりながら、遊歩道に登り返す。城ヶ崎フォール……じゃなくて、対島川の滝まで来たとき、ふと吉田さんスクールでセットになっていた「こさいつな」のことを思い出す。遠いのかな。マットを置いて歩き出すとすぐに磯を見下せる場所に着いた。

ほほう、なかなか良いボルダーがありそうですな。って、おい、誰か登ってるよ。かぶったコーナークラックから女性ボルダラーが飛び降りる。男性がスポットする。

こんなマイナーエリアで嬉々としてボルダーと戯れるなんて、あの2人しかいないぜ。小走りで、磯に降りる。点々とチョーク跡がしるされた高いスラブをちらりと横目に見る。岩の迷路で人影が見つからない。波音で人の気配が消される。いた。ハイ、大当たり。続きはブログで。

<<  城ヶ崎、「漁り火ジャンプ」  |  ホーム  |  城ヶ崎、漁り火ロック、ボールを授かる  >>

コメント

*まい*: おっとっと

バトンが渡されたっ。
近日中にがんばって書きまーす。
メルカトルはどうにもこうにもガバに届かなくて、
SJさんに先に登ってもらいました。
3級ぐらいですかね?
2012/02/20(月) 10:23:37 | URL [ 編集]

-: 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/02/20(月) 12:35:08 | [ 編集]

無名のK: No title

まい さん、こんばんは。
「メルカトル」(勝手に命名)は、「モルワイデ」(勝手に命名)より難しいと思います。ガバへの遠い一手は左手の中継ホールドが肝ですね。
海坊主もちゃんとペタシで登り直しますよ~。
2012/02/20(月) 21:10:31 | URL [ 編集]

コメントの投稿

 (省略可)
 (省略可)
 (省略可)
管理者にだけ表示を許可する

 ホーム
copyright © 2007 こーどれす らいふ all rights reserved.