スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | コメント(-) | 編集

遠きにありて

2012/06/26(火) 23:50

仕事中ふとGoogle Mapで故郷をさまよう。長いこと帰ってない。ストリートビューで、窓から田圃が見えるMOS BURGERやら、昔のジョギングコースやら見て回る。やがて実家を離れて、一人暮らしの街へ。おいおい大学の構内まで侵入できるぞ。あー、あの煉瓦の柱や、腰掛けたベンチ。記憶に埋もれていた細部が芋づる式によみがえる。いろんなことがあった。幕間には色恋沙汰のひとつやふたつ。山と海にめぐまれた地方でやたらと走ったこと、登ったこと。砂袋を詰めたザック(当時はキスリング)を背負って、裏山へ駆け登った。頂上のベンチに倒れ込んで、死にそうな呼吸を整えて、汗みどろの顔を上げると、眼下には夕暮れの海と、ネオン煌めく港町の絶景が広がっていた。日本三大夜景のひとつはこの山ではなくて、彼方に見えるあの山であるが、明日はそこへランニングで駆け登るのだ。なんだかナルシスティックにカッコ良かった。あの頃のような熱情を取り戻せないもんだろうか。電子的なイリュージョンに誘われて、ゾワゾワした一日であった。

<<  平年並み  |  ホーム  |  某嬢の物語  >>

コメント

コメントの投稿

 (省略可)
 (省略可)
 (省略可)
管理者にだけ表示を許可する

 ホーム
copyright © 2007 こーどれす らいふ all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。