スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | コメント(-) | 編集

はじめての瑞牆山ボルダー

2012/10/21(日) 23:33

しばらくはジムでゆる登り……と思ったけれど、これだけ快晴だと出かけるしかない。

人の少ない方へ歩いて行ったら、大黒岩に出た。自分はまずやらないだろうなぁ、とハイボルダーを眺めていたら、通りかかった人達のこんな会話が聞こえてきた。

「誰もいないね」
「高いから、人が多い時じゃないとやる人いないんだよ」

なんですとぉ。じゃあ、一人でやればそれだけ価値が上がるってことだ。

下部の立ち込みをこなせば、上部はガバガバなんだろうと思ったら、最後の乗っこしが微妙。焦った。トップアウトしたあと、もうコリゴリという感じで駆け上がった(苦笑)。これを6級とグレーディングする室井さんの感覚がおそろしい。

あとはエリアの隅っこのほうで静かに遊んだ。体調がよろしくないときの典型的な症状で、力を込めると人差し指がピンと攣ってしまう。ホールドを押さえた瞬間にそうなるので保持できないのである。

それでもこんな課題を一撃。最初「草笛」だと思ってヌカ喜びした。やがて4級SDと判明。どうりで……。

最後、カメラの電池が切れた。ぎりぎりマントルを返したところまで入っていた。うぅ、今日はなにかとしょぼいぜ。

<<  とある岩場でちょい登り  |  ホーム  |  季節の変わり目、保持力ナッシング継続中  >>

コメント

iron: あれ?

もしかして日曜の夕方に皇帝岩にいました?
そうかなと思って声をかけようとした人がいたのですが
マットがMOONじゃなかったから違うかな?って・・・
2012/10/22(月) 11:29:14 | URL [ 編集]

無名のK: No title

アイロンさん、こんにちは。たしかに夕方5分間くらい、ステルスモード(笑)で通りすがりました。SD課題をまさぐっているとき、はっと気づいたら後ろで待っていたあの方では……。
2012/10/22(月) 21:07:54 | URL [ 編集]

コメントの投稿

 (省略可)
 (省略可)
 (省略可)
管理者にだけ表示を許可する

 ホーム
copyright © 2007 こーどれす らいふ all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。