城ヶ崎、とある磯、「アームサルト」など

2013/01/19(土) 22:26

吉田さんに案内していただき、とある磯へ。

▼「海亀の産卵」を登るM田さん

ネタバレ気味の写真。でも、エリア名を書いても、わかる人は少ないはず。「日本100岩場」では紹介されておらず、「関東周辺の岩場」は絶版で入手困難。

大ハングの取り付きの小ルーフ帯に吉田さんがラインを見出した。

「アームサルト」SJさんトライ

「アームサルト」M田さん初登(SJさん撮影)

これは良い課題。吉田さんが「すっぽん」(亀つながり?)と命名しそうになる。「せっかく良い課題なんだから、カッコイイ名前をつけてください」とお願いした。自分は宿題になった。また行きます。

お次は「岩窟王」。岩の形状は素晴らしいけれど、うーん、これ登るの? 登れるの? 岩の表面はザ・ナチュラル。すでに指皮を消耗した3人は、どよーんとした空気を漂わせる。カンテ登りをイメージすると、どうもホールドの方向がよろしくない。ガバまで登り切ったあと、安全に降りられるのかという懸念もあり。が、やってるうちに、1手2手と進み、いろいろなムーブの可能性を試し、指力を出しきって、夕暮れを迎えるのであった。

SJさんとM田さんは伊東(?)に泊まって明日も登るそう。別れる前に、吉田さんにもうひとつ伝説的な課題を案内していただく。

どーーん。「マーズ」を見上げる吉田さん。

(真ん中最上部、水平に走って見えるのが核心のクラックライン)

<<  城ヶ崎、「アームサルト」第2登  |  ホーム  |  雪の成人式  >>

コメント

コメントの投稿

 (省略可)
 (省略可)
 (省略可)
管理者にだけ表示を許可する

 ホーム
copyright © 2007 こーどれす らいふ all rights reserved.