スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | コメント(-) | 編集

とある岩場、「牙王」

2013/03/16(土) 23:21

先行者あり。通りすがりの岩で追いつくと、A田さんであった。ここでウォーミングアップするそう。お先に山の上の方へ。今日は涼しいので、パーミング課題がいけるか。が、燦々と差す陽の光でヌメリンガー。スタートの2~3手でスリップ落ちして、腰や背中に打ち身をこさえた。やっとれん。下のエリアへ。A田さんトライ中の岩を見学した後、牙岩へ。薄かぶりのカンテ課題。山の端に太陽が隠れると登れた。

「牙王」(きばおう、と読むらしい)。以前さわったとき、カンテは風化した結晶で持ちにくく、右手カチがポロリと欠けたりして意気阻喪した。その後さわる人が増えて、岩が安定し、フリクションが良くなったんじゃなかろうか。

さっきの岩に戻る。A田さんもやって来た。雑談しながら数トライ。自分は指先の消耗に見切りをつけてお先に失礼した。

<<  とある岩場、「波光」  |  ホーム  |  痛みの記憶と癒しの森  >>

コメント

コメントの投稿

 (省略可)
 (省略可)
 (省略可)
管理者にだけ表示を許可する

 ホーム
copyright © 2007 こーどれす らいふ all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。