スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | コメント(-) | 編集

補助線を引く

2016/04/05(火) 23:00

週末の天気のめぐり合わせが今ひとつでジムトレ多し。

一時期はフィジカル重視だったのだが、このところジムの課題を外岩のように攻めている。ウォームアップのルーチン(課題を登る順序)を決めているくらいである。トライ間の休憩もきちんと入れて。これいったいどうやって登るの? とサッパリわからず、敬遠していた課題ほど、ムーブが解明でき、登れてみると面白い。

最近、自分なりに編み出したのは、ムーブに補助線を引くこと。難しいムーブを練習する際、保持しているホールドを少し良くするとか、パートナーに腰を押してもらい重力を軽減する方法があるけれど、あまり役に立たない気がする。単にしっかり持てているから、身体が軽いから出来たに過ぎない。発想を変えて、これから手を離そうとしている側のホールドがもう少し良かったら、と仮定して(実際に良いホールドがあればそれを使って)、ムーブを起こしてみると、かなりムーブ(特に重心の動線)が変わる。ムーブが出来たら、本来のホールドでやってみる。良いホールドを持っているフリをして、さっきの動線をなぞってみる。すると、あら不思議、出来るようになった。

<<  岩と雪、大人買い  |  ホーム  |  高尾山の木道  >>

コメント

コメントの投稿

 (省略可)
 (省略可)
 (省略可)
管理者にだけ表示を許可する

 ホーム
copyright © 2007 こーどれす らいふ all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。