スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | コメント(-) | 編集

太刀岡山、カリスマ、ワンテン

2007/11/04(日) 23:35

秋晴れ。寝転がるマットから見上げる空も高く。

2007110401.jpg

カリスマ(13a)。1トライ目、まだ十分に身体が温まっていないせいもあり、ボルト4本目と5本目のあいだでギブアップ。しばらく休んだ後、右トラバースから再開。5本目をクリップ後、左手のカチを保持して、右手をシェイク。あれ、あまりパンプしていない。すぐに次のホールドに手を出し、終了点までつなげた。ようやくワンテン。

2トライ目、5本目をクリップ後、左手を大穴にランジするところまでつながった。左手がちゃんと持てていない。持ち直す余裕がない。テンション。とは言え、最高到達点を更新したことに気を良くする。

3トライ目、4トライ目は15時を過ぎてから矢継ぎ早に。見た目はカラリとしているが、日が傾いて結露が始まったらしい。2トライとも、右トラバース核心の右手(スプーンカット2個のピンチ持ち)がスリップして気力を挫かれる。

僅かなコンディションの変化に気づく敏感さより、そんなの関係ねぇと突っ込む鈍感さのほうが大切なのであろう。

松ちゃんはカリスマに参戦。4本目までのムーブ探りに専念した。

<<  太刀岡山、カリスマ、2手前進  |  ホーム  |  金毘羅岩、デジタルモザイク、新ムーブを試す  >>

コメント

コメントの投稿

 (省略可)
 (省略可)
 (省略可)
管理者にだけ表示を許可する

 ホーム
copyright © 2007 こーどれす らいふ all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。