デイドリーム

2016/09/29(木) 23:00

吉田和正さんと初めてお会いしたのは、城ヶ崎の「モンスターマン」の前だった。その後も、講習会のかたわらで登ったり、プライベートクライミングをご一緒させてもらったりした。ポツリポツリとかわす身の上話(年はことなるが誕生日が一日ちがい)や、クライミングへの取り組み方などを通じて、そこはかとなくシンパシーを感じてくれたらしい。「デイドリーム」の応援に行ったときのこと。ビレイヤーの身支度が遅れると、ここぞチャンス(?)とばかりに「Kさんにビレイしてもらうよ」と、私にお声がかかった。吉田さんの素早い登りを妨げないように緊張しながらビレイした。

城ヶ崎では、吉田さん初登のルーフクラックの下で、講習会の未登ボルダーを初登させてもらった。「ペントハウス」からの連想で「メトロポリス」と名付けたら、喜んでくれた。そして、「デイドリーム」(白昼夢)の近くでは、「ナルコレプシー」(嗜眠症)を初登させてもらった。

吉田さんの足跡を追っていると、手垢にまみれていない(貴重な休日を順番待ちに費やさずにすむ)新鮮な課題には事欠かなかった。登り残した課題が沢山ある。

<<  夕刻、高尾山  |  ホーム  |  はじめてのグリーンアロー新小岩店  >>

コメント

コメントの投稿

 (省略可)
 (省略可)
 (省略可)
管理者にだけ表示を許可する

 ホーム
copyright © 2007 こーどれす らいふ all rights reserved.